NEW
黒田尚子「『足るを知る』のマネー学」

スマホ決済で「ポイント投資」利用者急増…元手ゼロ、リスク低なので高リターン狙い可

文=黒田尚子/ファイナンシャルプランナー
【この記事のキーワード】

, ,

スマホ決済で「ポイント投資」利用者急増…元手ゼロ、リスク低なので高リターン狙い可の画像1
「GettyImages」より

 スマホ決済やクレジットカードなどを利用することで得られるポイント。「ポイ活」なる言葉が使われるほど、キャッシュレス決済の普及で、ポイントは俄然存在感を増してきた。

 今年9月1日から、すでにマイナポイントの還元もスタート。2万円までのキャッシュレスでの消費で、最大25%分のポイント還元(最大5,000円分)が、各事業者のポイントでもらえる仕組みである。

 筆者もすでに受け取った。1万円のチャージで2,500円が2回に分けて加算されたが、マイナポイントとも何も表示されないので、「え?これ何のポイント?」と一瞬わからず。あとからマイナポイントだと気づく有様。

 それくらいキャッシュレス決済を利用する機会が増え、予想以上にさまざまなポイントが貯まっている。ポイントでプチ節約ができるほど、家計に占める割合も結構な金額という人も少なくないだろう。

 さらに、最近では「ポイント投資」ができる商品やサービスが急増して参入企業の競争が激化。元手ゼロでも投資ができるこのサービスは、日本人の投資の苦手意識を克服できる起爆剤となるのかどうか?

 今回は、「ポイント投資」の特徴やメリット・デメリット、実際に行う場合の留意点などを考えてみよう。

ポイント投資とは何か?

 ポイントを活用した投資は、大別すると「ポイント投資型」と「ポイント運用型」の2つがある。主な特徴は以下の通り。

<ポイント投資型>

・1ポイント=1円など、ポイントをいったん現金化し、その資金で株式や投資信託やETFなどに投資できる。

・実際に商品を購入するので、証券会社の口座の開設が必要。

・配当や株主優待なども受け取れる。

・ポイント投資型を提供しているのは「LINE証券」「楽天証券」「SBIネオモバイル証券」「SMBC日興証券」など(図表参照)。

<ポイント運用型>

・ポイントを現金化せず、そのまま運用会社に預けて運用してもらう。

・あらかじめ用意されたコース(「株式コース」or「投資信託コース」(クレディセゾン/永久不滅ポイント)、「おまかせコース」or 「テーマで運用」(NTTドコモ/dポイント)などの選択肢が用意されていて、そのコースの値動きに応じてポイントが増減する。

・証券会社の口座の開設は不要で、手数料などはかからない。

スマホ決済で「ポイント投資」利用者急増…元手ゼロ、リスク低なので高リターン狙い可の画像2

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事