NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

トランプ米大統領、コロナ感染発覚から3日で通常業務再開…すでに側近12人の感染確認

文=相馬勝/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

トランプ米大統領、コロナ感染発覚から3日で通常業務再開…すでに側近12人の感染確認の画像1
トランプ大統領のツイッターより

 新型コロナウイルスに感染し入院していたアメリカのドナルド・トランプ大統領(74)が5日夕(現地時間)、首都ワシントン近郊のウォルター・リード米軍医療センターを退院し、3日ぶりにホワイトハウスへ戻った。トランプ氏は退院に先立ち、「気分はとてもいい!」などとツイッターに投稿。「すぐに、すぐに選挙戦に戻る!!! フェイクニュースはフェイクな世論調査しか伝えない」と書いて、すぐに選挙戦の体制立て直しに入ることを明言。さらに、世論調査の支持率では民主党の大統領候補、バイデン元副大統領に数ポイント負けているとの結果について「フェイクニュース」と断定するなど、相変わらずの強気姿勢だ。

 とはいえ、医師団の主治医のショーン・コンリー医師は5日午後、トランプ氏は「完全に危機を脱したわけではないかもしれない」と語っており、トランプ氏が職務に戻れば、身近なスタッフや家族に新型コロナウイルスをうつす可能性があること示唆している。このような状態では飛沫感染の危険は高いことは否めない。

 トランプ氏はホワイトハウスに戻った後、1人でバルコニーに登場。親指を立て、敬礼すると、着けていたマスクを外してみせた。このようなトランプ氏の所作を見た記者の1人は「大統領、あなたはスーパー・スプレッダー(きわめて多数の人に2次感染させる感染者)ですか?」などと質問していた。今後、大統領選の最後の追い込みで、動きが活発になり、人気取りのポーズでマスクを外して演説などをすれば、トランプ氏がスーパー・スプレッダーになり、「アメリカで最も危険な男」になることも考えらえるが、そうならないように祈るばかりだ。

トランプ氏がスーパー・スプレッダー化

 コンリー医師は会見で、トランプ氏は退院した後もステロイド剤「デキサメタゾン」や新型コロナウイルス治療薬「レムデシビル」の投与を続けることを認めており、今後もホワイトハウスで治療を続けることを明らかにした。そのうえで、コンリー氏は「24時間休みなしで世界クラスの医療体制が整った住居(ホワイトハウス)に安全に戻れる」と判断したと述べている。

 さらに、コンリー氏は「来週月曜日(12日)までトランプ氏が体調を維持、あるいは改善できれば、ようやく深い安堵のため息をつけるだろう」と指摘し、12日までがトランプ氏の回復のめどになることを明らかにしている。

 一方のトランプ氏は「COVID-19(新型ウイルスによる感染症)を恐れるな。自分たちの生活を支配させてはいけない」などとツイートして、ホワイトハウスでほぼ通常の生活に戻ることになるとの見通しを示した。しかし、現時点でもトランプ氏の側近らの陽性が相次いで判明しており、ホワイトハウス内でクラスター(集団感染)が起きているのはほぼ間違いないとみられている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ