NEW

モスバーガー、この秋“イマイチな商品”5選!味がとっ散らかりすぎ、水っぽいシェイク

文=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, , , ,

モスバーガー、この秋イマイチな商品5選!味がとっ散らかりすぎ、水っぽいシェイクの画像1
モスバーガーの店舗

 1972年に1号店を出店してから今年で48年が経ち、設立50周年を目前に控えているモスバーガー。国内に1270店舗(2020年8月末現在)を展開し、全国的な知名度を誇り、マクドナルドに次ぐ国内ハンバーガーチェーン2位の地位を確固たるものにしている。

 しかし、ここ数年は業績が低迷していた印象だ。20年3月期決算を見ると、売上高が689億8500万円(前年同期比4.1%アップ)、営業利益が10億6000万円(前年同期比104.9%アップ)、経常利益が12億3200万円(前年同期比70.1%アップ)と、だいぶ復調してきているようだが、予断を許さない経営状況だろう。

 今回は、そんなモスバーガーの「この秋、買ってはいけないメニュー5選」をご紹介していきたい(価格は税別)。

マンハッタンクラムチリ ロースカツ/445円

 まずご紹介するのが、今年9月17日に発売された期間限定バーガー「マンハッタンクラムチリ ロースカツ」。ロースカツをレタスやスライスオニオンやパプリカとともに挟み、“マンハッタン・クラムチャウダー”という甘辛いソースをかけたハンバーガーである。

モスバーガー、この秋イマイチな商品5選!味がとっ散らかりすぎ、水っぽいシェイクの画像2

 一見するとおいしそうに思えるかもしれないが、いざ実食してみると、スライスオニオンやパプリカが入っていることで歯ごたえは良いのだが、食材やソースがマッチしているという感覚は薄く、むしろ口の中で味が散らかってしまっているように感じた。

 さらに気になるのが、ウリのひとつであろう“マンハッタン・クラムチャウダー”。このソースのネーミングから味を正確に想像できる方は少ないだろうが、実際に食べてみると“なんとなく甘辛いBBQソース?”といった味わいでイマイチなのである。もちろん味の感想は個人差があるため、このソースやバーガー全体を絶品と思う方もいるだろうが……。

モスの菜摘(なつみ)モス野菜/334円

 バンズの代わりにレタスで具材を挟んだ「モスの菜摘」は、青々とした見た目とヘルシーさが特徴のシリーズだ。同シリーズの「モスの菜摘(なつみ)ロースカツ」やその他のラインナップの中には、レタスとのバランスが良くおいしく仕上がっているものも多いのだが、ここで取り上げる「モスの菜摘(なつみ)モス野菜」は要注意である。

モスバーガー、この秋イマイチな商品5選!味がとっ散らかりすぎ、水っぽいシェイクの画像3

 実食してみるとわかるのだが、バンズがないことの違和感や喪失感が目立っており、その穴を埋める工夫も施されていないように感じ、全体的に味がパッとしないのだ。誤解を恐れずに言えば“ただのバンズ抜きハンバーガー”になってしまっている印象で、この商品をさらにバンズで挟めばいいのに……という感想なのである。

 ただし、レタスやトマトといった素材がおいしいことは特筆しておきたい。他のバーガーチェーンだと、時にしなびたレタスが入っていることもあるが、そこはさすがモスバーガー、シャキシャキのレタスをはじめ具材は新鮮であった。

スマートパイ<国産りんごフィリング>/186円

 次にご紹介するのは、国産りんごを用いたアップルパイ。紅茶の茶葉を混ぜたパイ生地でりんごフィリングを包んでおり、食べやすいようにスティックタイプになっている商品なのだが、こちらもオススメしがたい一品だ。

モスバーガー、この秋イマイチな商品5選!味がとっ散らかりすぎ、水っぽいシェイクの画像4

関連記事