眞子さま、国家公務員「皇女」案…小室圭さんとの結婚、「税金投入」に世論の反発強くの画像1
眞子さまと小室圭さん(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 11月30日に55歳の誕生日を迎えた秋篠宮さまが、会見で長女・眞子さまのご結婚に対する考えを述べられたことで世間に波紋が広がっている。複数の報道関係者によると、この会見は20日に、東京・元赤坂の赤坂東邸で行われていた。その席上、記者団から相次いだ眞子さまのご結婚について、「結婚することを認めるということ」「本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきもの」と説明されたのだ。眞子さまが13日に公表された「お気持ち」に関し、改めてお考えを述べられたものだ。

加藤官房長官は24日の会見で「皇女創設」に含み

 こうした一連の流れで、にわかに注目を集め始めているのが、政府が検討し始めた「皇女」創設の動きだ。秋篠宮さまの会見が行われた4日後の24日、加藤勝信官房長官は記者会見で「女性皇族の婚姻などによる皇族数の減少は先延ばしできない重要な課題だ」と述べ「さまざまな考え方があり、国民のコンセンサスを得るには十分な分析と慎重な手続きが必要だ」と語り、「皇女創設案」に含みを持たせていた。

 同日、日本経済新聞インターネット版は記事『「皇女」創設を政府検討 女性皇族、結婚後も公務』を配信。同記事で、政府が検討する「皇女」創設の趣旨を以下のように説明していた。

「政府は皇室の公務の負担軽減策として、女性皇族が結婚した後も公務を続けてもらう制度の創設を検討する。特別職の国家公務員と位置づけ『皇女』の称号を贈る案がある。女性皇族が結婚後も皇室にとどまる『女性宮家』の創設は女系天皇の容認につながるとして当面見送る公算が大きい。

 現行の皇室典範は女性皇族が一般男性と結婚した場合、皇族の身分を離れると規定する。現在、女性皇族13人のうち未婚なのは天皇、皇后両陛下の長女、愛子さまら6人いる。結婚で皇籍を離れることが増えれば公務を分担できる皇族が減り、1人当たりの負担が増す恐れがある」

 タイミング、内容ともに、このプランが眞子さまのご結婚に焦点を合わせたものなのは明らかに見える。全国紙社会部記者は話す。

「政府としては、眞子さまの『お気持ち』の公表後、秋篠宮さまがどのようなご意見をお話になるのか固唾をのんで見守っていたようです。20日の『ご結婚を認める』との会見内容を踏まえ、実質的な検討に入らざるを得なくなり、24日の官房長官会見で『皇女』の件をほのめかすことにしたんだろうというのが、現場の見立てです。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合