【完了】ニトリ、お値段未満な冬商品5選…乾きにくいバスマット、寝返りでズレまくる敷きパッドの画像1
ニトリの店舗

 日本の家具・インテリア業界大手である「ニトリ」。その歴史は1967年12月の札幌で始まり、1993年3月に茨城県ひたちなか市で本州第1号店をオープン以降、全国47都道府県に出店。2020年12月17日現在の日本国内の店舗数は567店に上り、台湾や中国、アメリカにも進出している。

 2020年11月13日にはホームセンターを展開している島忠が、ニトリを運営するニトリホールディングスとの経営統合に合意したと発表。さらには、34期連続増収増益が確実視されているなど、世界的に新型コロナウイルス感染症が流行している状況ながらも上り調子にあるようだ。

 ニトリは“お、ねだん以上”というキャッチコピーで知名度を向上させ、そのコピーに恥じない優秀なコストパフォーマンスを実現させた商品が数多い。しかし、なかには残念ながら“値段未満”のクオリティだとユーザーから指摘されるような商品も、ちらほらと見受けられる。

 そこで「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は、ニトリで販売されているアイテムをリサーチし、「この冬、買ってはいけないニトリ商品」5つをピックアップした。調査班が独断で選出したものではあるが、ニトリでのショッピングで役立てていただければ幸いである。

スリムペダルペール20L(LGY-N)(ゴミ箱)/999円(税込、以下同)

【完了】ニトリ、お値段未満な冬商品5選…乾きにくいバスマット、寝返りでズレまくる敷きパッドの画像2

 毎日の生活に必要不可欠なゴミ箱。ニトリでもさまざまなゴミ箱が販売されており、2020年5月4日付当サイト記事『ニトリ、部屋がオシャレになる日用品4選&楽にお茶やコーヒーがつくれる斬新ポット』で紹介した、「袋が見えにくいダストボックス チューブラスクエア」はその代表例だ。

 同じくニトリのゴミ箱である「スリムペダルペール20L(LGY-N)」は幅20cm、奥行35.5cm、高さ45cmで、ペダルで開閉するフタが付いていることが特徴。だが、こちらは残念ながらおすすめしづらいアイテムとなっている。

 購入したユーザーから指摘されている主な難点は、ペダルでフタを開けたときにゴミ箱自体が動いてしまうことと、ゴミ袋の取り付けづらさの2点。重量が約1.1kgとかなり軽いので、ゴミが入っていない状態ではフタの開閉で動きやすいうえ、袋止めが正面から見て左右に付いているため、なかなかきれいに取り付けられないのである。単純な使いやすさで選ぶのであれば、この商品は選択肢から外したほうがいいかもしれない。

バスマット(テリー2 35×50)/407円

【完了】ニトリ、お値段未満な冬商品5選…乾きにくいバスマット、寝返りでズレまくる敷きパッドの画像3

 温かい風呂が恋しくなる冬は、バスグッズを買い揃えて入浴の時間をより豊かにするのにちょうどいい時期だろう。

 さて、風呂上がりの足の裏の水分を拭き取り、床が濡れてしまうのを防ぐバスマットは、普段はなかなかその恩恵を感じることは少ないが、大事なバスグッズのひとつ。しかし、「バスマット(テリー2 35×50)」は1枚407円と、ニトリのバスマットのなかでも手軽に購入できるアイテムなのだが、そのクオリティには批判的な意見も寄せられている。

 肌触りの良さと速乾性はバスマットに求められる重要な要素。しかし、この商品はやや薄めで乾きづらい欠点を抱えているのだ。試しに使用してみたところ、夜に入浴したときに吸った水分が翌朝までしっかり残ってしまっていた。ふわふわとしたやさしい踏み心地や、速乾性を重視するのであれば買い控えるべきだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合