NEW
高橋暁子「ITなんかに負けない」

学校中に拡散され不登校も…TikTok“いじめ動画”投稿、急増で問題化

文=高橋暁子/ITジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

学校中に拡散され不登校も…TikTok“いじめ動画”投稿、急増で問題化の画像1
TikTokの画面より

 TikTokにおけるネットいじめが話題になるようになった。TwitterやYouTubeにはTikTokに投稿されたいじめ動画が多く転載されている。

 ある動画を見てみよう。動画内では、「打て、打て」という子どもの声がする。地面に丸まって転がった小学生男児に向けて、容赦なくエアガンらしきものを打ち付けているのだ。「何やってんの。スマホ持ってんの」などの別の小学生の声も入っており、リアルな日常だ。明らかにいじめを疑われる動画だが、はじめはTikTokに投稿されたものがTwitterに転載されたようだ。

 TikTokに投稿されたいじめ動画はこれだけではない。他にも、罵倒されながら頭から水をかけられる若い女性や、土下座した頭を踏みつけられる小学生などの、さまざまな動画が転載されている。

 過去には、投稿した動画を不本意に加工・拡散されたり、リベンジポルノ動画が投稿されたこともある。盗撮された動画が投稿された例や、暴力を受けるいじめ行為を撮影・投稿された例、コメント欄に悪口を書き込まれた例などもある。

 これはTikTokでいじめが増えているというより、TikTokの利用が増えたことでいじめの場の一つとなっていると思われる。以前、Instagramにおけるいじめをご紹介したことがあるが、同様に動画や写真なのでわかりやすく、いじめられた側にとっては拡散されたときのダメージも大きくなってしまうという問題がある。

 文部科学省の「令和元年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」(2020年9月)によると、パソコンや携帯電話等で誹謗中傷や嫌なことをされるいわゆる「ネットいじめ」の認知件数は、前年度比1,590件増の17,924件で過去最多となっている。学校別の認知件数を見ると、中学校が8,629件と最多に。小学校では前年度から約1000件の大幅な増加となった。

内閣府の調査によると、令和元年度の小中高校生のインターネット利用率は93%に上り、そのうち小学生の約42%、中学生の約75%、高校生の約90%がインターネットをコミュニケーション手段としている。ネットコミュニケーションが当たり前となったことで、ネットでのいじめも増えているというわけだ。

悪気なくシェア・拡散する子どもたち

 ある学校では、付き合っているときに撮影した彼女側の裸の写真を、別れた後に彼氏側が友だちに送信。その結果、学校中に広まってしまい、女生徒は登校できなくなってしまった。先生たちはこれを問題視し、写真を持っていると思われる生徒にスマホを学校に持ってこさせては写真を削除していった。

「ほとんどの写真は削除させたはずだが、まだ残っているようだ」とある教員は眉をひそめる。現在はその女生徒は卒業して妹が入学しているが、妹に「お前の姉ちゃんだろう」と写真を送ってきた生徒がいるという。

 いじめ動画や写真などを見つけた場合、子どもたちはどうするか。多くの場合、あまり考えずにシェア、拡散してしまっている。「みんながシェアしているから」と周囲にならって拡散してしまい、その結果、学校中に広まることになる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合