NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

コロナ、人口動態が激変…出生数が激減、高齢者の死亡者減、少子化が10年前倒しか

文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー
【この記事のキーワード】

, ,

コロナ、人口動態が激変…出生数が激減、高齢者の死亡者減、少子化が10年前倒しかの画像1
「Getty images」より

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)のパンデミックを制圧するため、世界各地でワクチン接種が急ピッチで進んでいる。世界で接種されたコロナのワクチンは1月18日時点で4000万本を超えた。

 なかでも注目を集めるのはイスラエルの動きである。人口の約3割にコロナのワクチンをすでに接種しているからだが、その効果もあってか1月中旬から新規感染者数が減少し始めている。ネタニヤフ首相は「3月末までに全人口にワクチンを接種し、イスラエルをコロナのパンデミックを克服した最初の国にする」と鼻息が荒い。

 コロナのワクチンを世界で最初に承認した英国では「ワクチン接種によって安全に旅行ができる」との期待から、中高年層を中心に今年夏の旅行予約が殺到している(1月18日付時事通信)。バイデン新政権が誕生した米国でも「ワクチン接種の広がりなどによる集団免疫の形成で今年夏には状況が劇的に改善する可能性がある」との楽観的な見方が出ている(1月14日付CNN)。

 しかし油断は禁物である。インフルエンザのワクチンと同様、コロナのワクチンも重症化は防止できるが、感染防止は不可能だからである。メッセンジャーRNAワクチンを開発したモデルナのCEOは13日、「コロナ感染症が完全になくなることはない」との見方を示している。世界保健機関(WHO)も15日、「ワクチンの感染抑制効果をめぐって重大な不明点が残る」ことなどを理由に「ワクチン接種を海外渡航の条件にしない」よう勧告した。

世界で「産み控え」

 コロナの発生から1年がたったが、コロナ以前の日常にはいつになったら戻れるのだろうか。米エモリー大学などの研究チームは「新型コロナウイルス感染症が通常の風邪を引き起こす既存のコロナウイルスのようになるまでには10年程度かかる」との試算を米科学誌「サイエンス」(2021年2月号)に発表した。「10年後には3~5歳でほとんどの人が感染し、高齢になって感染しても重症化を防ぐ免疫を得られるため、死亡率は低下し、季節性インフルエンザを下回る可能性があるが、それまでの間は社会的な距離を保つこととワクチンは重要な対策である」としている。

 コロナとの戦いが長期化することが予想されるなかで、筆者は「世界各国の人口動態に大きな悪影響を及ぼすのではないか」と懸念している。コロナのパンデミックの影響で、米国の人口増加率(一昨年7月から昨年7月まで)が0.35%にとどまり、少なくとも過去120年の間で最低となった。同期間にコロナによる死者数が15万人に上ったことや感染拡大による経済面の不安などから、出生率が下がったことが要因であるとされている。

 世界で最も多くの死者が出ている米国でコロナがもたらした影響は長期化するとの予測もある。米デューク大学等による研究チームは6日、「コロナのパンデミックによる経済的影響が長引き、米国では10年以上にわたり死亡率が高止まりする可能性がある」との調査結果をまとめている。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合