NEW
野村直之「AIなんか怖くない!」

「日単位」実行サイクルが必要なコロナ対策、PDCAではなくOODAを実現するDXが必要

文=野村直之/AI開発・研究者、メタデータ株式会社社長、東京大学大学院医学系研究科研究員
「日単位」実行サイクルが必要なコロナ対策、PDCAではなくOODAを実現するDXが必要の画像1
「Getty images」より

 新型コロナウイルスの遺伝子情報には約3万の塩基があります。この中のたった一つが置き換わった英国型や南ア型の変異株(501番目のアミノ酸残基がYのN501Y変異株ファミリー)を低コストで特定する迅速検査技術を日本の研究機関が開発しました。静岡で早速使われて濃厚接触者の変異株感染を発見。水際作戦の水漏れをふさごうとしています。

 かように、研究機関等、個々の現場が目覚ましい活躍をしているのは本当に素晴らしいことですが、それを見てすぐに全国展開したり、管轄の違う空港の検疫所に即時導入したりできないのはなぜでしょうか。

新型コロナウイルス対策でPDCAができていたか?

 政府の新型コロナ対策への不支持率は、各種調査によれば69~85%と、先進国で断トツに高いといわれます。海外動向がだだ漏れ、リアルタイムで伝わってくる時代に、次のような根本的な疑問がいくつも沸いてきます。これらが、きっかけとなり国や自治体の施策が最適とは到底いえないと、多くの国民が評価していると思われます。

・指数関数的に増大する敵に対抗するため、2020年1月末に中国が1000床の病院2つを10日で建設、稼働させたのを見習えたか?

・その後も、退役医師、看護師へのお願いを含む、あらゆる医療キャパ拡大にGo Toなみの予算を費やして実施したか?

・クルーズ船での失敗から学んで感染者と非感染者の徹底隔離を行い、院内感染が二度と起こらないよう再発防止策を立てたか? 

・2020年3月あたりから地域の総合病院に助成金を出してコロナ専門病院とコロナ患者を入れない病院に分けて、院内クラスターを未然に防いだか?

・過疎地では1つの総合病院内にコロナ患者を受け入れる減圧室を急いで設置する工事をするなど、ウイルスが他区域に漏れない対策を立てたか?

・無症状感染者が他人に感染させる史上初のウイルスへの対策のため、大量PCR検査の補正予算を2020年度の通常予算の審議終了を待たずに組んだか? 機密費をそれに充てたか?

 このように、きりがありません。筆者のFacebookやノートにも過去1年、多数のコロナ関連の話題、特に、低コストで大量実施可能な自動PCR検査や、安全デマを支えるトンデモ説への反論や新特措法の問題点、そして、それらへの代案、提言を書いています。

 国や自治体はもちろん、民間企業も会社法の定めにより、年度単位で予算計画を立て、実行します。そして、決算時にその評価を実施して次年度の計画に反映し、事業の改善を図ります(平時にはそうあるべきです)。これは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字をとったPDCAサイクルと呼ばれるものとおよそ合致し、継続的な業務の改善を促す技法です。

 PDCAでも、想像力と創造性があれば、前例のない施策でも実施可能です。しかし、「Check」がなければ、主に「改善」を意味する 「Act」は実行できません。そして、次年度など次のサイクルで、科学的にも経済面でも適切な「計画(Plan)」をすることは不可能です。新型コロナ対策について、元大阪市長の橋下徹氏の発言は、2020年4月7日に発出した緊急事態宣言のコロナ抑制効果、経済効果(悪影響)をきちんと評価、検証せずに2回目の緊急事態宣言を出したのは最悪であるとしています。まさにPDCAの「C」なしに次のアクションをとれないはず、との指摘といえるでしょう。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合