NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」

自制が効かない自民・公明ベテラン議員の精神構造…相次ぐ夜の飲み会発覚に若手議員が激怒

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

自制が効かない自民・公明ベテラン議員の精神構造…相次ぐ夜の飲み会発覚に若手議員が激怒の画像1
遠山清彦衆議院議員のツイッターより

「同じ国会議員みたいにくくられて、与野党問わず、若手の『いっしょにするな』って不満はすごいですよ」――。ある若手の国会議員はこう怒りをぶちまける。

 怒りの原因は昨今話題になっている、与党ベテラン議員による夜の会⾷だ。⾃⺠党国対委員⻑代理の松本純衆議が1⽉18⽇に、公明党のホープと呼ばれた「遠⼭の⾦さん」こと遠⼭清彦衆議が1⽉22⽇に、新型コロナウイルス感染防⽌の緊急事態宣⾔下で⾃粛要請が出ている中にもかかわらず、深夜まで会⾷をしていたことがわかり、両⽒は謝罪に追い込まれた。その後、松本氏は2月1日に会食していた銀座の高級クラブで同席した田野瀬太道文部科学副大臣、大塚高司国対副委員長とともに自民党を離党し、遠山氏は同日、議員辞職した。

 松本氏は当初、会食の目的について陳情を受けていたことで非難されたが、同両議員と会食していたということで虚偽の説明をしていたことが発覚し、一層悪質さが際だった。

 一方、遠⼭⽒は2019年に福岡市のキャバクラなどに「飲⾷代」として計約11万円を⽀出していたことも政治資⾦収⽀報告書で判明し、「カネや⼥の問題については、⾃⺠党議員のスキャンダルが恒例⾏事だが、議員を候補者段階から徹底的に⾝体検査することで有名な公明党のホープがこの⼿の話で叩かれるのは珍しい」(全国紙政治部記者)と驚きの声も出る始末だ。

 国会議員は国民の代表であり、政府・与党として自粛を呼び掛けている以上、模範となるようにふるまわなければならないのは当然だ。先の若手議員の話。

「自粛は、政府が緊急事態宣言を発令してまで感染防止策としてお願いしているもの。議員活動においても、会議や懇親などは極力デジタルコミュニケーションに切り替え、ZoomやSkypeなどのオンラインツール使用している。当然、街頭演説、集会の開催などはできる限り控えて、『三密』の回避、ソーシャルディスタンスの確保、検温など感染防止対策の徹底を行っている。

 私自身は家族の感染リスクも考えて、緊急事態宣言以降は、飲酒の有無にかかわらず夜のリアルでの会食は一度も行っておりません。多くの国会議員が必死に働いている中で、一部の方の不適切な行動によって、自分たちも一緒のような扱いをされることは、とても悲しいことですし、憤りを覚えます」

 今や、松本、遠山両氏の会食を暴いた週刊誌メディアを中心に、自粛期間中の著名人、公人の「飲み会狩り」が強まっていることは周知の事実であり、国会議員であれば危機管理上、気を付けなければならず、たるんでいるといわれても仕方ない。

昭和の価値観が残るオッサンは自制が効かない

 自粛期間中の会食問題については、菅義偉首相と自民党の二階俊博幹事長が8人で年末に忘年会として高級ステーキ店で会食したことや、石破茂元幹事長の福岡での会食など、自民党議員の間で目立ってきた。今でこそ、二階氏は会食自粛の幹事長通達を出したものの、それも今年に入ってからで、国民に自粛を強いる政権与党としては責任感と危機意識が欠如している。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合