NEW

一人暮らしの自宅療養者に弁当を置き配、代金は“回復払い”でOK…大衆食堂が広げる支援の輪

文=若松喜徳/フリーライター
【この記事のキーワード】

, , , ,

一人暮らしの自宅療養者に弁当を置き配、代金は回復払いでOK…大衆食堂が広げる支援の輪の画像1
「大衆食堂 ことこと」の人気メニュー「味噌煮込丼」。満点のボリュームだ

 2回目の緊急事態宣言が発令中の1月下旬、とある飲食店の取り組みが夕方のニュースで紹介された。それは、新型コロナウイルスに罹患し、外出がままならない一人暮らしの自宅療養者にお弁当を置き配で届けるというもの。代金は“回復払い”(自宅療養が終わってからの支払いでOK)で、注文はお店のSNSで受け付けている。

医療従事者や子どもたちにも食べ物を提供

 この取り組みを始めたのは、千葉県松戸市の商業施設「キテミテマツド」の10階にある「大衆食堂 ことこと」の店長・伊藤勇太さん。何らかの使命感に駆られた熱血店長なのか、それとも無償の愛を振りまく聖人君子なのか、興味津々で会いに行ってみたところ――「コロナの自宅療養者に深い思い入れがあるわけじゃないんですよ」と申し訳なさそうに語り出した。

一人暮らしの自宅療養者に弁当を置き配、代金は回復払いでOK…大衆食堂が広げる支援の輪の画像2
「大衆食堂 ことこと」を切り盛りする伊藤勇太さん

 誤解が生じないように補足すると、「コロナの自宅療養者“だけ”に特別な思い入れがあるわけではない」が真意。というのも、過去に伊藤さんは台風被害に遭った房総へ炊き出しに行ったり、子ども食堂で定期的にお弁当を提供したり、といった活動をしてきている。去年の10月にはクラウドファンディングで支援者を募り、集まった資金で、コロナ患者を受け入れている病院の医療従事者やコロナ禍で不安を抱えて暮らす子どもたちに、ホットドッグなどの食べ物を配った。

 つまり、以前から継続的に支援活動を行っており、今回だけ特別な思いで取り組んでいるわけではないのだ。今まで通りに「“食”で、人のために何かできたらいいなあ」と考え、始めたのが、今回の「自宅療養者へのお弁当支援」だったのである。

 そんな伊藤さんが飲食業界に飛び込んだのは、約10年前のこと。29歳のとき、ワーキングホリデーでカナダのトロントに行き、アルバイトをしたホットドッグ店で飲食業界の楽しさを知り、帰国後に「Mike’s HotDog」というキッチンカーを始めた行動派である。

 そのキッチンカーは、イベント会場などで大きな催しの際に出店すると、2時間で50食から70食が飛ぶように売れたという。その後、ちょっとした縁があり、コロナ禍の真っ只中の昨年10月にキテミテマツドで「Mike’s HotDog&Steak」をオープン。今年1月に「大衆食堂 ことこと」に業態変更し、今に至る。

「店舗を持つようになって初めて、キッチンカーがどれだけ恵まれた環境だったのか気づきました。固定店舗だと、ランチで50食なんてすごく大変ですからね」(伊藤さん)

 昨年末の「Go To イート」で一時的に売り上げは回復したが、今年に入ってからは再び厳しい状況が続いている。

「店舗は家賃やアルバイトへの給料などを払うと、利益はほとんど残りません。10年ほど続けてきたキッチンカーも、コロナ禍でお祭りやイベントが軒並み開催中止になっているので、厳しい状況です」(同)

一人暮らしの自宅療養者に弁当を置き配、代金は回復払いでOK…大衆食堂が広げる支援の輪の画像3
休業状態のキッチンカー。子どもたちに喜んでもらいたい、と再開を待ちわびている

時短協力金はもらえず大ピンチに

 緊急事態宣言下では20時までの時短営業に変更して協力金をもらう飲食店も多いが、「大衆食堂 ことこと」はもともと20時までの営業だったため、協力金をもらうことができない。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合