NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」

【総務省接待】幹部総退陣で通信業界に大打撃…元凶は菅首相長男のコネ入社、側近壊滅

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

【総務省接待】幹部総退陣で通信業界に大打撃…元凶は菅首相長男のコネ入社、側近壊滅の画像1
総務省のYouTube公式チャンネルより

「日本の通信業界は今後10年、世界から取り残される」――。

 携帯電話業界に詳しいあるアナリストは、菅義偉首相の長男・正剛氏が勤める放送関連会社「東北新社」から総務省の高級幹部が接待を受け軒並み処分された問題を受け、こう肩を落とした。特に菅氏の右腕として携帯電話料金値下げを主導してきた谷脇康彦総務審議官が今夏の人事で退官することが確実となったことが大きな影響を及ぼしそうだ。

農水省幹部の処分もあり、人事院はパンク状態だった

 総務省は24日、谷脇氏、吉田真人総務審議官、秋本芳徳前情報流通行政局長など11人に減給などの処分を下した。戒告以上の処分は給与にも影響が出てくるため、「次官に昇格させて給与を上げることができない以上、年次的に谷脇氏は退官せざるをえない」(同省関係者)。

 今回の接待問題が発覚したのは、今月4日発売の「週刊文春」(文藝春秋)の報道からだ。「文春オンライン」は内容を先行して前日3日に報じたが、先の関係者によると、4日には吉田氏は辞表を総務省側に提出していたが、人事院から「待った」がかかったという。関係者の解説。

「吉田氏は自分が辞表を出すことで今回の事態の幕引きを図ろうとしたのですが、人事院は鶏卵業界が絡んだ農水省の癒着問題での同省職員の調査もあり、パンク状態で、『とにかく調査を受けてから判断してほしい』と引き留めた。実際に総務省側は当初12日ごろに処分があるだろうと考えていたようですが、調査が長引き、24日までずれこんでしまった。人事院からすれば、ろくに調査もせずに“文春砲”で辞職する先例を簡単につくってしまえば、今後の行政に支障があると考えてのことでしょう。いずれにしろ、人事院の倫理審査委員会にこれほど世間を騒がせる案件が集中するのは前代未聞です」

谷脇ロスで携帯改革は停滞する

 今回処分された11人のうち、通信行政を担う高級幹部は谷脇、吉田、秋本の3氏だが、谷脇氏以外の評価は、吉田氏は「人柄で成り上がった人」であり、秋本氏は「菅氏の覚えがめでたいだけの人」というものであった。つまり、実務は谷脇氏が担ってきた面が大きいということになる。

 谷脇氏について、筆者は過去に「現代ビジネス」で記事を書いているので、ご参照いただきたいが、保守的な携帯業界の改革について、並々ならぬ情熱を傾けてきた。今年の夏の人事で次官に昇格し、「菅氏の威光を背景に向こう2年で改革は圧倒的に進むとみられていた」(全国紙記者)だけに、今回の不祥事で名前が上がったことで業界関係者に衝撃が走った。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合