「クルマ写真がカッコよすぎる」と話題の埼玉の中古車店が語る「軽の価格上昇とコロナ禍」の画像1
田舎の田んぼ沿いのあぜ道にて、夕陽をバックになぜか盛大に“ばえて”いる軽トラ。2006年式スズキ・キャリィ、5MTの走行距離6万5000キロにて支払総額39万8000円也。

 コロナ禍で、“マイカー回帰”という言葉も聞かれるようになった。公共交通機関ではどうしても“3密”の状態になりやすいことから、比較的安全・安心な移動手段として、自動車を使おうというわけだ。そんななか、埼玉県のとある中古車販売業者が、ネット上で話題だ。その名も「オートサロンイイダ」(埼玉県入間郡毛呂山町)。関東郊外の小さな“中古車屋さん”の何が注目されているのか。店舗を訪れてみた。

 現在、中古車販売店の多くは「カーセンサーnet」(リクルートが運営)、「グーネット」(プロトコーポレーションが運営)などの中古車情報サイトに売りたい車両を登録し、大量の写真を掲載している。しかし、たいていは店舗を背景にしていたり駐車場の壁を背景にしていたりと、まあ、要は「店員さんが撮ったのだろうな」と思われる写真がほとんど。日々大量にクルマを仕入れ、それを売りさばいていかなければならない中古車販売業者にとってみれば、プロのカメラマンをわざわざ雇い、見栄えのよい写真を撮って掲載するような余裕はないのである。

 ところが、今回訪れたオートサロンイイダの車両画像はというと……まあ、とにかくカッコいいのである。ある写真は夕焼け空を背景に、ある写真は木漏れ日射し込む森のなかで……。光の角度もきちんと計算された、どう考えてもプロが撮ったと思われる写真の数々に、「なんだこの、写真にこだわりすぎの中古車販売店は!」とネットでも話題となっているのだ。

 Twitterでは、「メチャクチャいい車に見える」「車への愛を感じる」などの絶賛コメントが多く集まる一方、「この写真を撮りにいくために走行距離を稼いでしまって、車両の商品価値が落ちてしまうのでは」といった心配の声も……。

 実際のところ、どうなのか。誰が撮影しているのか。そもそも、なんでわざわざこうした写真を掲載しているのか。オートサロンイイダ店長の飯田裕樹氏に話を聞いた。

「クルマ写真がカッコよすぎる」と話題の埼玉の中古車店が語る「軽の価格上昇とコロナ禍」の画像2

「クルマ写真がカッコよすぎる」と話題の埼玉の中古車店が語る「軽の価格上昇とコロナ禍」の画像3

「クルマ写真がカッコよすぎる」と話題の埼玉の中古車店が語る「軽の価格上昇とコロナ禍」の画像4
同店のカーセンサーnetページには、ディーラー扱いの新車販売カタログのような写真が多数掲載されている。これが、クルマ好きを中心に大きな話題を呼んだ。
RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合