NEW
長谷十三「言わぬが花、をあえて言う。」

総務省接待、マスコミが追及に及び腰のワケ…官僚を最も接待しているのは新聞社とテレビ局

文=長谷十三
【この記事のキーワード】

, ,

総務省接待、マスコミが追及に及び腰のワケ…官僚を最も接待しているのは新聞社とテレビ局の画像1
総務省のYouTube公式チャンネルより

 総務官僚と企業のズブズブの関係が次から次へと明らかになっている。

 菅義偉首相の長男を用いて39件もの接待攻勢をしていた東北新社が、外資規制に違反をしていたにもかかわらず、衛星放送事業の認可を取り消されなかったことがわかった。決裁の責任者は、東北新社から7万円のステーキをご馳走になった“ゴチ官僚”山田真貴子・前内閣広報官である。

 また、NTTも谷脇康彦総務審議官などに高額接待を繰り返していたことが判明した。これが、菅首相(当時は官房長官)が携帯電話料金の4割値下げという爆弾発言をしていた時期と重なり、その後のNTTによるNTTドコモ完全子会社化と大幅値下げの官僚側の責任者が、谷脇氏だったということから、これらの電波行政の重要な決定に接待が影響したのではないかという疑惑も持ち上がっている。

 まさしく総務省始まって以来の大スキャンダルという感じだが、マスコミは思いのほか盛り上がっていない。総務省の疑惑を徹底的に追及しようという姿勢はあまりなく、ワイドショーでも緊急事態宣言の延長や、メーガン妃の英国王室批判などを大きく報じている。

 なぜこうなるのかというと、あまりこの問題を深く掘り下げてしまうと、マスコミが国民にバレないように必死で隠し続けてきた、ある「不都合な真実」にもスポットライトが当たってしまう可能性があるからだ。

マスコミ記者から「接待取材」を受けている官僚

 それは、「官僚を最も接待している民間人はマスコミ」ということだ。あらゆる業界、あらゆる民間人のなかで、最も官僚と多く顔を合わせて、飲食を共にしているのが、テレビや新聞の「記者」であることに、異論を挟む者はいないだろう。

「それは取材のためだ」というのがマスコミ側の主張だが、本質的なところでいえば、マスコミ記者のやっていることは、官僚を飲ませ食わせしていたNTTや東北新社とそれほど大きな違いはない。

 日本は世界でも珍しい「記者クラブ」という制度が長く続いてきた弊害で、「役所の外でいかに官僚と非公式に会って特ダネをいただくか」ということを各社が競い合うことになっている。つまり、官僚のご機嫌をとって、口をすべらせるかという「接待取材」になっているのだ。

 その「醜悪な現実」を象徴しているのが、福田淳一・財務省事務次官(当時)によるテレビ朝日の女性記者へのセクハラ疑惑や、黒川弘務・東京高検検事長(当時)と朝日新聞社員(元検察担当記者)、産経新聞の検察担当記者らが仲良く卓を囲んだ賭け麻雀事件だ。

 前者の場合、女性記者は自宅でパジャマでくつろいでいても、財務次官に呼び出されるとタクシーで駆けつけていた。「胸触っていい?」などというトークで迫られても、その被害を訴えずに泣き寝入りをしていた。なぜこんな弱い立場なのかというと、次官のご機嫌をとって特ダネをいただくためだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合