福島原発事故、なぜ東京含む東日本は“偶然にも”壊滅を免れた?今も原発は耐震強度不足の画像1
樋口英明さん

 3月7日に大阪市で行われた『さよなら原発 関西アクション』での樋口英明氏(68)の講演はおもしろかった。2014年5月に大飯原発を差し止めたときの福井地裁裁判長。15年には高浜原発も差し止めの仮処分決定をした。講演内容を少し再現しよう。

「裁判所は皆さんが思っているよりずっと健全な組織なんです」(どっと笑い)と切り出した。大飯原発について「判決の内容を知ってるのは4人だけ、裁判官3人と書記官1人。所長も最高裁長官も知らず、圧力のかけようもない。当日、被告の関西電力はひとりも来ません。負けるとわかっていたから。秘密を洩らしたのではありません。私はあらかじめ原発が危険なら止める、そうでなければ止めないとはっきりさせた。被告はそれなら勝てないと思ったのです」と淡々と語った。

「皆さんは、危険だから止めるのは当たり前と思うでしょう。しかし裁判所ではそうなっていないのです」。図を示して原発の仕組みを説明し、「福島第一原発は決して大事な所がやられたわけではない。停電、断水だけで壊滅的なことになる。それが原発の怖いところです」と強調する。

「福島第一原発は最悪の事故ではありませんでした」とし、2つの奇跡が東日本壊滅から救ったと説明した。まず2号機。

「ウラン燃料が溶け落ち格納容器は水蒸気と水素でパンパンになった。設計基準の倍くらいの圧力になった。爆発寸前。電気が来ず圧力を抜く自動ベントもできず、手動もバルブに行きつくまでに人が死んでしまう。吉田昌郎所長(故人)は死を覚悟し、自分は死に東日本は壊滅と思った。でも今、東京に人が住んでいる。なぜか」

「プスンと圧力が抜けたんです。下のほうが開いていた。死の灰を封じ込める格納容器は丈夫ではなくてはいけない。それが・・・丈夫じゃなかったんですよ」(笑い)

 そして定期点検中だった4号機。使用済み燃料が水を張った貯蔵プールに入れてあった。

「3月11日、停電で水が減ってきた。燃料が頭を出し溶け落ちたらおしまい。菅直人首相に聞かれた原子力委員会の近藤駿介委員長は『東京含めた250キロの避難が必要』と答えた。ところが隣のシュラウドとプールの仕切りがずれた。なぜかわからない。本来ずれてはいけないが、ずれて、シュラウドの水が燃料プールに入って助かったが、水は減る。高さ30メートルに水を入れなくてはならない。その時、ちょうどいい水蒸気爆発が起きたのです。建屋の天井に穴が開いて上から放水できた。爆発が大規模ならプールの壁を壊し破局でした。偶然でした。また、あってはいけないのですが、3月7日に抜くはずのシュラウドの水が工事の遅れで抜いていなかった」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合