AOKIのパジャマスーツが在宅ワークに最適!着心地&コスパ抜群、体型をカバーする効果もの画像1
AOKIの店舗(「Wikipedia」より)

 新型コロナの感染対策によりテレワークが推進され、会社に出社するという従来の働き方が変化している。それに伴い、大きな影響を受けているのがスーツ量販店だ。これまでは「通勤」「社内作業」「外回り」といった仕事に対応する「出社型スーツ」がデザインのメインだったが、コロナ禍を受けて、各社ともテレワークや自宅作業用の「在宅型スーツ」を揃える必要が出てきている。

 そこで、今回はラインアップが揃いつつある「在宅型」の中でも、コストパフォーマンスが良くスタイリッシュな商品を独断で5つ選んでみた。

 今回紹介するのは、スーツ業界シェア2位で全国519店舗(2020年3月末時点)を展開するAOKI。青山、コナカと並びスーツ量販店御三家と言われるが、他の2社よりも細身のスーツが多いなど若者向けという印象を受ける。シンプルなデザインに加え、美しいシルエットと通気性の良いジャケットなど機能性にも優れている(価格はウェブ税込み)。

 そんなAOKIで見つけた、おすすめ商品5選を紹介していく。

【パジャマスーツ】ダンボールニットカーディガンジャケット/5489円

 まずは「パジャマ以上・おしゃれ着未満」をコンセプトにしたAOKIのパジャマスーツシリーズをおすすめしたい。ニット素材の楽な着心地でありながら、スタイリッシュなデザインでカッチリ見えるという優れものだ。

AOKIのパジャマスーツが在宅ワークに最適!着心地&コスパ抜群、体型をカバーする効果もの画像2

 ハリがあるのが特徴なダンボールニットを使用することで体のシルエットが出にくいため、体型をカバーできる効果もある。また、ダンボールニット特有の特殊な編み込みで生地の間に空気をためることができ、その空気層が外気からの影響を低くするため、保温性にも優れているのがポイントだ。

 従来のニットよりもスウェットに近い感覚なので、ストレッチ性に優れ、またシワもできにくいので、存分に動いても問題ない。特有の光沢感で上品な印象も醸し出すこのジャケットは、カジュアルからビジネスまで幅広く活用が可能なのだ。

【パジャマスーツ】ダンボールニットパンツ/5489円

 前述のパジャマジャケットとセットアップ着用が可能なパンツも、ぜひ紹介したい。ジャケットと同様にダンボールニットを使用しているので、体型のカバーや着心地はお墨付きである。

AOKIのパジャマスーツが在宅ワークに最適!着心地&コスパ抜群、体型をカバーする効果もの画像3

 ノータックシルエットでスッキリな見た目ではあるものの、ウエストにはゴム、さらにヒモで調整が可能なので、長時間の座り作業でも窮屈さは感じないだろう。このような着心地を重視するジャージーパンツでは前開きファスナーは少ないが、この商品はしっかり前にファスナーがついている。さらに、ベルトループもついているので、ベルトをしてスラックスのように見せることもできる。

 このように多くのシーンで着こなすことができ、しかも5000円台のパンツはそうそうない。世界20カ国以上で報道され、海外からも注文が入っているというAOKIのパジャマスーツシリーズ。この春に揃えてみるのもいいかもしれない。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合