NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

国会の女性トイレで盗撮、防犯カメラが設置されない驚愕の理由…維新秘書は殺人未遂で逮捕

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , , ,

国会の女性トイレで盗撮、防犯カメラが設置されない驚愕の理由…維新秘書は殺人未遂で逮捕の画像1
国会議事堂(「Wikipedia」より)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 最近は国会議員の秘書や事務所スタッフの犯罪が目立ちますね。神澤も詐欺事件などについては書かせていただいていますが、今回はまさかの殺人未遂事件ですから、永田町も大激震ですよ。さすがに、過去にも例はなかったと思います。

 4月25日の深夜、ネットニュースで速報が飛び込んできました。最初に報じたのは、朝日新聞(2021年4月25日 23時48分付)のようです。記事は「維新・梅村議員の秘書逮捕 知人を車ではね殺人未遂容疑」として、成松圭太容疑者が「25日午前2時45分ごろ、堺市堺区の路上で知人男性(31)を乗用車ではね、さらに車から降りて男性を殴るなどして殺そうとした」「男性は頭や足に軽いけがを負った」などと報じています。

 日本維新の会の梅村みずほ参議院議員は、報道に先駆けてツイッターで自身の公設第1秘書が逮捕されたことを謝罪したことも書かれています。その梅村議員のツイートが秘書仲間たちの間で拡散し、夜中にも関わらず永田町の住人たちは大騒ぎとなりました。

 成松容疑者は「ぶつけたことは間違いないが殺意はなかった」と容疑を一部否認しているそうですが、そもそもこのコロナ禍で夜中まで幼なじみとお酒を飲んで、ケンカになったくらいで飲酒運転の車ではねて、そのあと殴る蹴るの暴行って、秘書というより人として問題です。

 ぶつける時点で死ぬかもしれないということは予想できたでしょうから、言い逃れは難しそうです。でも、被害者は軽いけがで済み、警察は呼んだものの最初は「交通事故」と言ったりするなど、成松容疑者に対して恨みはなさそうですね。

成松容疑者の謎の数々

 それにしても、この事件については疑問しかありません。

 なぜ公設第1秘書の立場でこんな事件を起こしたのかも超絶謎ですが、逮捕されて、なぜ「公設秘書」と名乗ったのでしょうか。そして、なぜ報道の前に梅村議員が自ら公表したのでしょうか。

 また、共同通信は成松容疑者が「大阪維新の会の横倉廉幸府議の娘の夫」とも報じていますが、横倉府議の名前まで出す必要があったのでしょうか。維新はそこまで大阪でマスコミから嫌われているのかな、と疑問を持ちました。

 もうひとつ、なぜ成松容疑者は梅村議員の秘書になったのでしょうか。一部報道では仕事ぶりはきちんとしていたようですが、維新の秘書たちによると、成松容疑者は堺市の出身で堺市議を目指していたそうです。それなら堺市議出身の高木かおり参議院議員の事務所で働く方が近道に思えますが、なぜ梅村議員事務所にいたのでしょうか。このあたりの事情は、国会勤務の神澤たちまでは伝わってきません。

 ちなみに、日本維新の会には「梅村」姓の参議院議員が2人いるので、最初は情報が錯綜していました。「梅村議員の秘書が殺人未遂で逮捕されたらしい」とLINE で回ってきたのですが、「どっちの梅村議員?」ってなりますよね。梅村みずほ議員の事務所には枝野幸男衆議院議員の元秘書もいるので、「その人?」などと大騒ぎでした。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg