NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

総務副大臣の元スタッフが持続化給付金詐欺で逮捕…永田町に跋扈する“詐欺師秘書”の正体

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , , ,

総務副大臣の元スタッフが持続化給付金詐欺で逮捕…永田町に跋扈する詐欺師秘書の正体の画像1
国会議事堂(「Wikipedia」より)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 3月21日、国の持続化給付金を騙し取ったとして、総務副大臣の熊田裕通衆議院議員の元事務所スタッフら4人が逮捕されましたね。秘書ではなく、「スタッフ」というところが微妙です。

 主犯とされる加藤裕容疑者は党員拡大などを担当する「ボランティア」だったそうですが、2020年5月に「自民党の秘書」を名乗って給付金のセミナーを開催していたようです。「自民党という立場を使って抜け道を知っている」とかなんとか言って、大学生らセミナーの受講者に不正受給を持ちかけ、手数料収入を得ていたんですね。

 犯罪行為には一切関係がないのに名前を使われてしまう国会議員も被害者ですが、世間は採用責任を追及するので大変です。

手数料を要求されたら詐欺を疑うべき

 最近、国会議員の「元スタッフ」や「元秘書」の犯罪報道を目にする機会が増えている気がして、がっかりしますね。確かに、私たち秘書は地元の個人事業主さんなどからの相談で持続化給付金の交付手続きについて、お手伝いやアドバイスなどをさせていただく機会はありましたが、決して手数料などはいただきません。もちろん、他の陳情の対応などでも同様です。

 手数料を受け取ることは、税理士や会計士などの資格がない限り、違法になるからです。そもそも、手数料や謝礼がほしくてお手伝いをしているわけではなく、ボスである国会議員の「お困りの方々の力になりたい」という意向を反映して動いているのです。

 手続きに必要な実費をいただくことはありますが、あくまで実費のみです。もし、そういった場面で手数料を要求されることがあれば、「詐欺」を疑っていただきたいと思います。

 神澤は、「優秀そうな秘書」と「詐欺師」は紙一重だと思っています。この加藤容疑者も、おそらく学生たちがまったく疑問を持たないほど弁舌さわやかな悪人だったのでしょうね。

 実は、永田町にはそういう輩はけっこういるんです。口がうまくて、寄付金や党員を集めたりすることに長けているので、ボスも「優秀な秘書だ」と思ってしまうことがあります。

 ちなみに、加藤容疑者は10年前くらいに結婚詐欺で逮捕された過去もあるそうですが、自民党の衆議院事務所はその前歴を見過ごして採用してしまったようです。神澤も、何度か怪しい人物の秘書採用面接に同席したことがあります。明らかに怪しいのにボスが採用しようとしたので、調査して結果を伝えて、全力で反対したこともあります。

 議員との信頼関係があれば、そういうことも感謝されますが、信頼関係がなければ「採用の邪魔をした」と恨まれることになります。とはいえ、たいがいそういう人は他の事務所で採用されて問題を起こしているので、自分の判断に間違いはなかったと思っています。

 特に記憶に残っているのは、1億円の強盗致傷で逮捕・起訴されている上倉崇敬容疑者ですね。上倉容疑者は、自民党の二之湯智参議院議員の公設秘書だった2010年に事件を起こしています。失職中にお金に困って……ならまだしも(よくはないですが)、公設秘書在職中ってすごいですよね。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合