NEW
渡辺陽一郎「いちばん詳しい『人気の新車』完全ガイドシリーズ」

ミニバン「アルファード」が絶好調!トヨタの全車種併売で「ヴェルファイア」の需要も吸収

文=渡辺陽一郎/カーライフ・ジャーナリスト
ミニバン「アルファード」が絶好調!トヨタの全車種併売で「ヴェルファイア」の需要も吸収の画像1
トヨタ アルファード | トヨタ自動車WEBサイト」より

どんなクルマなのか?

 トヨタアルファード」はLサイズのミニバンです。広くて豪華な室内と存在感の強い外観により、もともと人気車でしたが、最近はさらに販売台数を増やしました。2021年1~3月には1カ月平均で1万1368台を登録しており、コンパクトカーの「ルーミー」(1万3132台)や軽自動車の「タント」(1万4245台)に匹敵します。売れ筋の価格帯が400~550万円の高価格車としては、絶好調に売れています。

人気を得ている理由

 1カ月の売れ行きが平均1万台を超えている背景には、2020年5月に実施されたトヨタの全国的な販売体制の見直しがあります。以前と違ってトヨタの全車を全店で購入可能になり、トヨペット店だけが扱っていたアルファードは、すべての販売系列が扱うようになって台数を伸ばしました。

 逆に姉妹車の「ヴェルファイア」は、基本的にアルファードと同じクルマなのに、売れ行きを下げました。2021年1~3月の1カ月平均は1061台ですから、アルファードの1万1368台に比べると約9%です。フロントマスクなど外観の部分的な違いが、人気と売れ行きの明暗を分けたのです。

 その結果、ヴェルファイアは先ごろの改良でバリエーションを大幅に減らしました。現時点で選べるヴェルファイアは、以前は特別仕様車だったゴールデンアイズIIだけです。ほかのグレードはアルファードで購入します。

 つまりアルファードは、全店が全車を扱う販売体制に移行したこともあり、ヴェルファイアの需要まで吸収して好調に売れているのです。もちろん商品力も高く、Lサイズミニバンを購入するユーザーが求める豪華さ、カッコ良さ、快適性、先進装備などを十分に網羅しています。

気になる8つのポイントチェック&星取り採点

(1)居住空間の広さとシートの座り心地

★★★★★

 車内の広さは国産ミニバンでは最大級です。特に2列目は座り心地が優れ、長距離を移動するときも快適です。

(2)荷物の積みやすさとシートアレンジ

★★★★★

 全高が1900mmを超える背の高いボディで、荷室高に十分な余裕があります。3列目を畳むと自転車も積めます。

(3)視界や小回り性能など運転のしやすさ

★★☆☆☆

 視線の位置が高いので左側面の死角も広いです。ボディは大柄で最小回転半径も5.6~5.8mに達します。

(4)加速力やカーブを曲がるときの安定性

★★★☆☆

 車両重量が約2トンに達する背の高いボディにより、カーブを曲がるときはボディの重さを意識させます。

(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★★★

 Lサイズのミニバンとあって乗り心地は快適です。インパネなど内装の仕上げも上質で満足感は高いです。

(6)燃費性能とエコカー減税

★★☆☆☆

 2.5LノーマルエンジンのWLTCモード燃費は10.6km/L、ハイブリッドは14.8km/Lで、燃料消費量が多いです。

(7)安全装備の充実度

★★★★☆

 歩行者や自転車を検知できる衝突被害軽減ブレーキが標準装着され、後方の安全を確認する機能も選べます。

(8)価格の割安感

★★☆☆☆

 内装が上質でディスプレイオーディオなども標準装着されますが、価格も高いので割安とはいえません。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合