韓国・中央日報、五輪ゴルフ日本代表ユニ「旭日旗」と謎の批判…韓国人からも呆れ声の画像1
日本ゴルフ協会公式サイトより

 紅白のストライプ模様はすべて旭日旗に見えてしまうのか――。

 韓国紙中央日報日本語版は1日、記事『日本、五輪ゴルフ代表ユニホームに旭日旗模様…「日が昇る国をイメージ」』(原文ママ、以下同)を公開。日本ゴルフ協会が5月31日に公開した東京オリンピック・ゴルフ日本代表選手用ユニフォームの柄が、“日本の軍国主義を象徴する旗である旭日旗に似ている”などと指摘し問題視した。この報道に関し、在日韓国人からも「煽りすぎ」などとの声も聞かれる。

「日の昇る国を表す斜めのライン」は旭日旗を示す?

 記事では「日本が東京オリンピック(五輪)に出場するゴルフ代表チームのユニフォームを公開し、『日が昇る国を表すイメージを使用した』と発表した。日本の軍国主義を象徴する旗の旭日旗は広がる太陽光を形象化したものだ」と指摘。NHKの報道を引用する形で、以下のように主張している。

「問題は次の説明だ。放送は『日本代表のユニフォームは5種類で、いずれも日の昇る国を表す斜めのラインが入っている』とし『日の丸の赤や白、それに海や桜といった日本の自然をイメージした青やピンクが採用された』と明らかにした。

 旭日旗は日本が第2次世界大戦当時に使用した軍旗で、赤い太陽の周りに広がる光線を形象化している。『旭日旗』という名称自体が日が昇る形の日本国旗という意味だ。英語でも『日が昇る国旗』という意味の『Rising Sun Flag』と呼ばれる」

 そのうえで、ナチス・ドイツのハーケンクロイツの使用が厳格に禁止されていることを挙げ、「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が公式サイトに独島(ドクト、日本名・竹島)を自国の領土として表示する地図を載せた」点なども指摘し、「批判の声はさらに強まると予想される」と結んだ。

日本ゴルフ協会の会見はどのようなものだったのか

 ゴルフ協会が公開したユニフォームを見てみると、赤、ピンク、ブルーがそれぞれ基調となっている。オンライン記者会見には、丸山茂樹ヘッドコーチがサクラをイメージしたピンクを基調とし白いストライプが入っているウェア、服部道子女子コーチは日本の周囲を取り囲む海をイメージしたブルーグラデーションのウェアを着用して出席。服部女子コーチは「日本代表ということで、国を背負うユニフォームです。デザイン的には、斜めのストライプを基本にすることで、日本の太陽が昇るイメージ担っています。製作いただいたデサント社がこだわり抜いた最高級のユニフォームになったと思います」と説明した。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合