激しい倦怠感で日常生活に支障、「慢性疲労症候群」の可能性…病院でも理解されず悪化もの画像1
「Getty Images」より

 今まで一部の人が患う難病ととらえられてきた「慢性疲労症候群」(別名・筋痛性脳脊髄炎)が、新型コロナウイルスの感染拡大によって私たちに身近にもなってきている。ウイルス発症者の後遺症として、数カ月にわたって激しい倦怠感や体の痛み、発熱、息苦しさなど慢性疲労症候群に似た症状に苦しむ人が国内外で多くいることが明らかになっているのだ。

 欧米ではすでに、新型コロナウイルスが慢性疲労症候群の引き金になる可能性があると多くの専門家が警告しており、研究も始まっている。

“怠け者”や“精神疾患”と誤解される

 そもそも、慢性疲労症候群とはどんな病なのか。「NPO法人 筋痛性脳脊髄炎の会」によると、国内に10万人の患者がいると推定されているそうだ。にもかかわらず、日本では欧米に比べて認知度が低く、専門医も少ないのが現状だ。

 山梨県に住むA子さん(34歳)が体調を崩すようになったのは、21歳のときだった。極度に疲れやすくなり、仕事を終えて帰宅しても体が鉛のように重く、シャワーを浴びる余力も残ってなかった。健康体であれば、このような場合には十分な休養をとれば回復する。しかし、A子さんの場合には一向に回復しないどころか、激しい倦怠感はますます深刻になっていった。

「体が動かないんです。起きているのがつらいので、横になっているしかありません」

 翌朝になると、無理やり体に鞭打って仕事に出かけるのだが、次第にそれもできなくなり、働くことを断念せざるを得なくなる。

 25歳のとき、生活保護を申請した。申請は通ったものの、検査をしても体の異常が見つからないため、福祉事務所には「怠けているのではないか。または、精神的な疾患ではないか」と疑われた。ある日、ケースワーカーと保健師がやってきて、車に乗せられた。たどり着いたのは精神科病院で、医師と看護師がA子さんを待ち構えていた。診察室に連れて行かれ、注射を打たれそうにもなった。

「統合失調症と思われていたようです。そこで暴れたり、パニックを起こしたりしたら、注射を打たれて、そのまま入院させられたのかもしれません」

 医師の診断は、「就労可能」。A子さんは不信感を持ち、別の心療内科に転院する。「めまいがひどい」と訴えると、抗うつ剤を処方された。

「でも、かえって不安が増して悪化してしまいました」

 次には漢方薬を処方されたが、症状が上向きになることがなかったため、通院をストップした。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合