NEW

東京五輪、メダルラッシュで“お祭りムード”→コロナ感染爆発の報道が限定的だった理由

文=編集部
【この記事のキーワード】

,

東京五輪、メダルラッシュでお祭りムード→コロナ感染爆発の報道が限定的だった理由の画像1
「Getty Images」より

 賛否が飛び交ったものの17日間の日程を終え、閉幕した東京五輪。

 そんななかで、五輪期間中は空前のメダルラッシュに日本の各メディアは湧いた。日本の選手団は27個の金メダルを含め、歴代最多となる58個のメダルを獲得。中止や再延期すべきといった声も聞かれた大会前からは一転し、いざ始まってみれば五輪一色といっても差し支えないほどメディアは連日、日本選手の活躍を報じた。民放は言うに及ばず、NHKでさえ“お祭りムード”の報道に終始していたことからも、その異常な熱が伝わってきた。

 その一方で、懸念された新型コロナ感染者数に目を向けると、東京都では一日に新規感染者数が5000人超えを記録するなど全国で1万5000人に達し、過去の数字を大幅に上回るものとなっている。専門家のなかには、パラリンピックの頃には、さらに多くの感染者が出る可能性が高いと指摘する向きもある。

 だが、すでに医療崩壊を起こしている東京の医療体制についての報道は、大会中はかなり限定的だった。そして、五輪が閉幕したタイミングを見計らったかのごとく、自宅療養の是非を問いかけるような報道が目立ち始めた。閉幕した五輪の振り返りとコロナの感染爆発の惨状を、メディアで働く人たちはどう見ているのか。その声を拾ってみた。

 オリパラ担当として働く全国紙ベテラン記者は、史上最多のメダル数となった今回の日本勢についての評価は「慎重になるべきだ」と話す。現場で競技を見ていたからこそ、調整不足や今回の五輪にかける各国の向き合い方に温度差を感じたという。

「もちろん、日本のアスリートたちのがんばりは素晴らしかったです。その前提のもとですが、今回の大会では明らかに調整不足な競技やチームもありました。特にメジャースポーツほど、その傾向は強かったといえます。例えば、男子サッカーでは本来のメダル候補であるドイツやアルゼンチン、フランスといった強豪国は、選出された選手の質も含め、パフォーマンスの悪さは明らかでした。テニスでも、大坂なおみやノバク・ジョコビッチらを含む有名選手があっさり敗退しました。

 さらに、コロナにより有力選手が参加辞退などで離脱した競技もありました。これはホームアドバンテージというよりは、各国の五輪に関する向き合い方の違いが大きいといえます。そもそも、突貫工事・見切り発車のような形で開催した今回の五輪で、選手に100%のパフォーマンスを求めるのは酷です。そのうえ、日本勢は調整過程や猛暑への適応などで、アドバンテージがあったのも事実です」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合