NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

中国、アフガン・タリバン政権の復興支援で狙う“110兆円の鉱山資源”…中東へ影響力拡大

取材・文=相馬勝/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

中国、アフガン・タリバン政権の復興支援で狙う“110兆円の鉱山資源”…中東へ影響力拡大の画像1
「Getty Images」より

 あっという間に首都カブールを陥落させ、アフガニスタン全土をほぼ掌握したイスラム原理主義勢力タリバンに、中国が秘かに接触し、影響力を強めているようだ。中国外務省報道官は8月25日、定例記者会見で、カブールで駐アフガン中国大使がタリバンと接触し、両者は「円滑な意思疎通と協議をしている」と言明したうえで、「アフガン再建のために建設的な役割を果たしていきたい」と指摘した。

 報道官は具体的な協議内容には言及しなかったが、タリバン側はツイッターで、中国側との接触を認めたうえで、「中国大使館や外交官らの安全」について話し合ったことを明らかにしている。中国としては国外を拠点として新疆ウイグル自治区の独立を掲げる反中勢力「東トルキスタン・イスラム運動」(ETIM)やウイグル過激派「トルキスタン・イスラム党」(TIP)が同自治区に流入しテロ活動を展開する事態を懸念しており、タリバンと定期的に接触することで、少なくとも敵対関係に陥るようなことは避けたいとの考えだ。

 また、アフガンにはリチウム、鉄、銅、コバルトなど1兆ドル(約110兆円)相当の手つかずの鉱産資源が眠っていることがわかっており、中国としては今後の経済開発にとって垂涎の的だけに、中国を中心とする広域経済圏構築を目指す「一帯一路」構想で、経済関係を強化して、タリバンを中国側に取り込みたいところだ。

アフガンにとって中国は重要な貿易相手国

 中国はまだタリバンをアフガニスタンの新政府として正式に承認していないが、8月15日にタリバンがカブールを制圧すると、ただちに「アフガニスタン国民の意思と選択を尊重する」「アフガニスタンとの友好協力関係を発展させる」などの声明を発表した。中国はこれまで、アフガンに数百万ドルの医療援助を行い、病院や太陽光発電所などの建設を支援している。 その一方で、中国は両者の貿易関係を強化し、最終的にはアフガンにとって最大の貿易相手国の一つとなっている。

 このため、中国の声明に込められた真意は「北京はタリバンとの緊密な関係を築くことに何のためらいもなく、米国から事実上見捨てられたアフガニスタンで最も影響力のある外部プレーヤーになる用意がある」というものであることは明白だ。

 中国はこれ以前に、タリバンがアフガンを掌握する事態が現実になることを見通していたようだ。王毅外相は今年7月、タリバンの共同創設者、アブドゥル・ガニ・バラダル師を中国・天津市に招いて会談し、ETIMは「中国の国家安全保障と領土保全に対する直接的な脅威となる」ことから、「タリバン・ETIM関係の完全解消」を要請した。これに対して、バラダル師は「いかなる組織もアフガニスタンの領土を中国に敵対する活動のために利用することを絶対に許さない」と応じている。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合