NEW

高3遺棄、容疑者を「アニメ・バ美肉」と関連づけた「アエラ」記事にVR振興団体が緊急声明

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

高3遺棄、容疑者を「アニメ・バ美肉」と関連づけた「アエラ」記事にVR振興団体が緊急声明の画像1
NPO法人バーチャルライツ公式サイトより

 すべての報道関係者が気を付けなければいけない問題なのかもしれない。2日午前、Twitter上では「アニメ好きの20代新婚夫婦」「仰天の動機」がトレンド入りしていた。その多くはAERA dot.(アエラドット、朝日新聞社)が1日夕方に公開した記事『「バ美肉」アニメ好きの20代新婚夫婦が女子高生を「殺害」した仰天の動機』に対する批判だった。

 記事は行方不明になっていた東京都墨田区の私立高校3年、鷲野花夏さん(18)が8月31日に山梨県早川町で発見された事件で、警視庁に死体遺棄の疑いで逮捕された群馬県渋川市渋川、職業不詳の小森章平(27)容疑者、妻の和美(28)容疑者の背景を探るものだ。この記事がネット上で批判を浴びているのは、この事件と両容疑者の趣味がアニメ、「バ美肉」だったことを強引に結びつけているように見えるということのようだ。

 Twitter上では次のような批判が見られた。

「これを書いたライターの『何も知らんけどとりあえず炎上して多くの人の目に触れるように書きました』感すごいな アニメ・バ美肉・サバゲー、あらゆる要素に関して何一つ理解してないまま書いてる」(原文ママ、以下同)

「知識のなさを露呈してて哀れ こういう悪質な見出しやめろ」

VR振興団体が緊急声明も

 アエラの記事を受け、VR文化振興団体のNPO法人バーチャルライツは2日、この記事に対し、以下のように緊急声明を発表し、意見公募を始めた。

 ちなみに「バ美肉」とは、バーチャル美少女受肉、もしくはバーチャル美少女セルフ受肉の略なのだという。VTuberコンテンツなどを手掛けている東京都内の制作会社関係者は次のように語る。

「バ美肉は一般的な意味としては、“中の人”が美少女やイケメンの2Dや、3Dモデルのアバターを纏うことを指すんじゃないですかね。そのアバターを纏いSNSでファンと交流したり、YouTubeにコンテンツ動画を上げたりする。人気のVTuberも結構、この制作方式を取っているところは多いですよ。

 アニメはおおむね画に声優さんの声をあてるので、キャラクターそのものは2次元です。バーチャルアバターの人気が出て、アニメ化されるなんて話もないわけではないですが、基本的にはアニメとは別ジャンルではないかと。まぁ、興味のない人から見ればこの業界もアニメ業界に含まれてしまうのかもしれませんが」

アエラの記事はどうのようなものだったのか

 以上の話を踏まえて、アエラの記事を参照する。事件の経緯と被害者の接点に関して詳報した後、両容疑者に共通点に関して次のように記載していた。以下、一部引用する。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合