NEW
近代皇室の恋愛と結婚を考える〜明治天皇から悠仁さままで〜

眞子さま“駆け落ち婚”考…歴史学者が見る「内親王の結婚」明治天皇の4人の娘たちと宮家

文=小田部雄次/歴史学者
【この記事のキーワード】, ,
【確認中】歴史学者が語る「明治の御代の“女性宮家”」…明治天皇の4人の娘たちに見る内親王の結婚の画像1
日本の第122代天皇・明治天皇。皇后との間には子宝に恵まれず、側室との間に15人の子どもをもうけ、後の大正天皇となる嘉仁(よしひと)親王も側室が産んだ。写真は1873(明治6)年に撮影されたもの。(写真はWikipediaより)

 2021年9月11日、秋篠宮妃の紀子さまは55歳の誕生日に先立ち、宮内記者会が提出した質問に文書で答え、長女の眞子さまの結婚について「長女の気持ちをできるだけ尊重したい」と回答した。個人を尊重する現代社会では、「気持ちの尊重」はもっとも大事であり、理想的な回答ともいえる。しかし、将来の天皇の長女の結婚であることを考えると、「気持ちの尊重」だけでいいのだろうかという疑問もある。小室氏と結婚したいという「気持ちの尊重」だけが優先されていて、多くの人々の祝福を得られないまま、「駆け落ち」婚の形になっているのも確かなのである。

 一体、結婚は「気持ちの尊重」だけで十分なのだろうか。そこには何か欠けているものがあるのではないか。とりわけ、国の柱であり、国民を代表する「顔」でもある天皇家の結婚が、「気持ちの尊重」だけで成り立ち得るのか、考える意味はあろう。明治以後の天皇家の恋と結婚の問題をおさらいしながら、現代における天皇家の恋と結婚が負っている暗黙の「常識」や「タブー」について考えてみたい。

明治天皇の娘で成人したのは4人、実母は4人とも明治天皇の側室であった園祥子、そして適齢男子皇族は6人

 明治以後の天皇の娘(内親王)たちの結婚を振り返ってみると、戦前はみな皇族に嫁いだ。皇室に育った女子が、一般民間に嫁いでその後の暮らしをやっていけるかどうか、父親である天皇は当然、心配した。天皇の娘をもらう側でも、ことの重大さは知っていた。

 ちなみに、明治天皇には15人の子どもがおり、10人が女子だった。しかし女子で成人したのは4人で、ほか6人はみな早世した。成人して適齢期を迎えたのは、

・1888(明治21)年9月30日生まれの常宮昌子(つねのみや・まさこ)
・1890(明治23)年1月28日生まれの周宮房子(かねのみや・ふさこ)
・1891(明治24)年8月7日生まれの富美宮允子(ふみのみや・のぶこ)
・1896(明治29)年5月11日生まれの泰宮聡子(やすのみや・としこ)

である。

 それぞれの年齢差は2歳、1歳、5歳であった。実母は4人とも明治天皇の側室であった園祥子(権掌侍、のち権典侍)。

 明治天皇はこの娘たちを皇族に嫁がせようとした。上流華族はおろか、中流華族、まして一般市民(当時は臣民)に嫁がせることは、考えになかった。皇族に嫁げば、身分も資産も安定するからである。そもそも戦前の場合、内親王は結婚後も内親王の称号を持つことができた。臣民の家の妻を「内親王」と呼ぶのでは、周囲もやりにくいだろう。

 当時、明治天皇の4人の娘たちが嫁ぐにふさわしい適齢の男子皇族の数は6人いた。

・1882(明治15)年9月22日生まれの北白川宮恒久王(きたしらかわのみや・つねひさおう)
・1887(明治20)年4月18日生まれの北白川宮成久王(きたしらかわのみや・なるひさおう)
・1887(明治20)年9月22日生まれの有栖川宮栽仁王(ありすがわのみや・たねひとおう)
・1887(明治20)年10月2日生まれの久邇宮鳩彦王(くにのみや・やすひこおう)
・1887(明治20)年12月3日生まれの久邇宮稔彦王(くにのみや・なるひこおう)
・1888(明治21)年8月12日生まれの北白川宮輝久王(きたしらかわのみや・てるひさおう)

である。恒久が最年長で、皇女の最年長の昌子より6歳上。昌子と輝久は同年で、成久、栽仁、鳩彦、稔彦の4名は昌子の1歳上である。

明治天皇、房子内親王周宮を栽仁王有栖川宮に婚嫁せしめんと欲す

 幕末当時、宮家には伏見宮、桂宮、有栖川宮、閑院宮の4親王家があったが、幕末から明治にかけて桂宮と閑院宮が断絶した。ただ、閑院宮は伏見宮から載仁親王が入り継承された。このため、明治初期には有栖川宮のほか、伏見宮と、伏見宮から分かれた久邇宮、閑院宮、北白川宮などと、さらに久邇宮から分かれた賀陽宮、梨本宮などがあった。そして、明治天皇の結婚相手と目された、恒久と成久は北白川宮の長男と次男、栽仁は有栖川宮の継嗣、鳩彦と稔彦は久邇宮の5男と6男だったのである(夭折者をのぞく)。

 年齢順にいけば、恒久と昌子、成久と房子、栽仁と允子、鳩彦と聡子という組み合わせが想定できた。皇室の婚姻には幼いうちに婚約してしまう事例も多く、『明治天皇紀』の1893(明治26)年11月1日に「房子内親王周宮を栽仁王有栖川宮に婚嫁せしめんとの叡旨(えいし)あり」とある。「叡旨」とは「天皇の考え」の意である。明治天皇は娘の房子を皇族である栽仁王と結婚させたいと思い、有栖川宮家の当主である熾仁(たるひと)親王に伝えたのである。栽仁の実父は有栖川宮威仁(たけひと)親王であり、熾仁は子がいないままこの翌年に亡くなって弟の威仁が宮家を継ぐのだが、当時はまだ熾仁が当主であったため、天皇は栽仁の伯父である熾仁に婚約の意を告げたのである。もっとも、この時、栽仁は6歳、房子は3歳であり、結婚はまだまだ先のことであった。

 この話は、その後、1906(明治39)年1月9日の『明治天皇紀』に、「昌子内親王を以て恒久王に、允子内親王を以て栽仁王に配せんとし、内旨を侍従長侯爵徳大寺実則に伝へたまふ」と出てくる。威仁が「内親王一人を得て其嗣栽仁王の妃と為さんと欲し」、伊藤博文らを介して内々に請願していたのである。明治天皇は、日露戦争中は返事をしないでいたが、戦争も終結したので、内々にその命を下したのである。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合