NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

100歳から10年間、介護施設で暮らすと総額2千万円?現役時代の準備が重要

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会理事長、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
【この記事のキーワード】, ,
100歳から10年間、介護施設で暮らすと総額2千万円?現役時代の準備が重要の画像1
「Getty Images」より

 9月14日、厚生労働省は100歳以上の高齢者の総数を8万6,510人(前年比+6,060人)と発表した(プレスリリース資料)。25歳から40歳のミレニアル世代にとっては定年年齢ですら実感に乏しいのに、「人生100年」など想像できない絵空事の世界ではないだろうか。金融機関などが吹聴しているだけと思っている人が多いのも、無理からぬ話だ。

 8万人超というのは、大分県中津市(人口約8万5,500人)、神奈川県綾瀬市(8万5,000人)の人口に匹敵する規模だ。9万人ともなると北海道室蘭市(9万1,987人)並みの規模となる。その全員が100歳であることに驚きを隠せないが、50年連続で100歳以上の人口が増加している。今後はどうなるのか、検証していく。

 令和2年簡易生命表によると、男の平均寿命は 81.64 年、女の平均寿命は 87.74 年だ。平均寿命とは0歳児が平均して何年生きられるかという予測年齢だ。表は内閣府がまとめた平均寿命の推移だが、終戦ほどないとはいえ、今から74年前には50歳そこそこだった平均寿命が、こんな状況になるとは誰が想像できただろうか。

8 平均寿命の推移: 子ども・子育て本部 – 内閣府

100歳から10年間、介護施設で暮らすと総額2千万円?現役時代の準備が重要の画像2

100歳から10年間、介護施設で暮らすと総額2千万円?現役時代の準備が重要の画像3

100歳から10年間、介護施設で暮らすと総額2千万円?現役時代の準備が重要の画像4

平均寿命伸長の理由

 今後、平均寿命はどのように推移するのだろうか。令和2年版高齢社会白書によると、44年後の2065年の平均寿命は、男性84.95歳、女性91.35歳と予測している。

 では、なぜ平均寿命が伸長し続けるのだろうか。筆者が考える第一の理由は、医療・検査技術の進化および新薬の開発である。昔は「不治の病」といわれていた結核も、今では死亡率は激減している。40年ほど前には死に直結するといわれた「がん」も、さまざまな治療方法が開発され、早期発見すれば治る可能性も高くなっている。今後、iPS細胞はじめ再生医療の研究や治験が進むなか、これに伴う検査機器や新薬の開発にも期待がかかる。

 第二の理由は、衛生環境や意識の変化だ。例えばトイレだ。半世紀前の日本のトイレ事情は水洗トイレなど一般家庭にはまだ珍しく、トイレは汲み取り式で、悪臭を放つ汚い存在だった。それが今では、先般閉会したオリンピックの海外選手からも日本のトイレが絶賛されるほど世界に誇れるように進化した。

 第三の理由は住宅・空調環境の進歩だ。昔の家は木造で、40年前はエアコンがある家など珍しく、水風呂に入りながら大学受験の勉強をした人もいる。洗面所や台所は水しか出ず、冬になると「しもやけ」や「あかぎれ」になる人が多かった。

 第四の理由は、衣類や寝具の進化だ。ユニクロのヒートテックに代表される吸湿発熱素材、吸湿発熱ウェアの開発は、冬のファッションシーンを塗り替えた。寝具も、かつては冬はすきま風の吹く部屋の中でせんべい布団に重い掛け布団をかけて手足を丸めて寝るのが一般的だったが、今は体圧分散の敷きマットや羽毛布団も進化している。

 こうした住環境の激変に加え、人々の食生活の変化やコロナ禍になり加速した健康意識の変化を思うと、100歳寿命を阻む要素が見当たらないことに気がつく。ミレニアル世代がどう捉えようと、「人生100年時代」は現実的に捉えなければならない問題ではないか。

100歳以上の方は費用をどう工面?

 特に懸念されるのが介護費用だ。地方では入居費だけで平均して1カ月12~16万円前後、首都圏では15~20万円前後の介護施設に入居される方も多い。例えば、100歳から110歳まで有料介護施設に入居したとすると、毎月15万円×12カ月×10年で1,800万円となる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合