NEW

三菱財閥の礎を築いた男・岩崎弥之助「国家のために経営せよ」…兄・弥太郎と正反対の弟

文=菊地浩之
【この記事のキーワード】, , ,
三菱財閥の礎を築いた男・岩崎弥之助「国家のために経営せよ」…兄・弥太郎の“不肖の弟”の画像1
三菱の創業者・岩崎弥太郎の実弟で、三菱財閥の2代目総帥・岩崎弥之助。カリスマ的な弥太郎の死後、後を継がされる……凡人なら重責で潰れそうですが、弥之助もまた兄に劣らぬ秀才だったようで、実は三菱財閥の基礎を築いたのは弥之助のほうだった。(画像はWikipediaより)

岩崎弥之助、兄・岩崎弥太郎のあとを継ぎ、三菱と共同運輸との“死闘”を終結さす

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』第37回(11月28日放送)では、岩崎弥太郎(演:中村芝翫)が壮絶な死を遂げた(史実では1885年2月7日のこと)。弥太郎は死に際し、「岩崎家は古来嫡統を尚(たっと)ぶの家なれば、久弥を岩崎家の嫡統とし、弥之助はこれを輔佐し、小早川隆景の毛利輝元を輔佐する如くせよ」との遺言を残した。自身の長男・岩崎久弥(1865~1955年)を三菱の後継者として、弟の岩崎弥之助(演:忍成修吾)はその補佐にまわれ、ということだ。

 しかし、事情はそれを許さなかった。久弥はまだ20歳。しかも弥太郎に似ず温厚篤実な性格で、共同運輸会社と“切った張った”の死闘を繰り広げるには、いかにも力不足だ。そこで、弥太郎の16歳年下の弟・岩崎弥之助(1851~1908年)が2代目社長となった。

 渋沢栄一らの画策で誕生し三井財閥の後押しを受ける共同運輸会社と三菱との死闘は、弥太郎の意地もあって引くに引けない状態にあったが、弥太郎が死去すると、共倒れを危惧して妥協しようという冷静な経営判断が浮上してくる。

 三菱の重役・川田小一郎は、井上馨(演:福士誠治)や伊藤博文(演:山﨑育三郎)と談判して合併の合意を取り付け、1885年12月に両社を合併して日本郵船会社とした。これによって、およそ3年にわたる三菱と共同運輸会社の死闘に幕が閉じられたのであった。

16歳下の弟・岩崎弥之助が三菱の社長になるまで…兄の勧めで米国留学、後藤象二郎の長女と結婚

 岩崎弥之助は、嘉永4年1月8日(1851年1月29日)に土佐国安芸郡井ノ口村(現・高知県安芸市)の岩崎弥次郎・美和夫妻の次男として生まれた。

 兄の弥太郎も勉学に秀でていたが、弥之助も極めて優秀で、土佐藩校に入学すると学才が認められて給費生となり、扶持米を支給されるほどであった。

 明治維新後、弥之助は兄・弥太郎を頼って大阪に出た。弥太郎は教育熱心で、大阪の土佐藩邸に外国人を招致し、藩邸の若者に英語を学ばせた。弥之助はこの英語塾で英語を学び、1872年4月に米国に留学。弥太郎は外国商館との貿易事業で出世したこともあり、欧米視察に出かけ知見を高めようと志したが、多忙で果たせなかった。そこで、代わりに弥之助を外遊させたのだという。

 翌1873年、弥太郎は商人として生きることを決意し、三菱商会の社主に就いた。弥太郎は手紙を送って弥之助に帰国を促し、腹心として活躍することを望んだ。弥之助は帰国し、ただちに三菱商会に入社した。

 1874年、弥之助は後藤象二郎の長女・早苗と結婚した。弥太郎が直接後藤家を訪ねて懇請すると、後藤も弥之助ならば異存はないと即座に承知したのだという。

 1875年に三菱が半官半民の日本国郵便蒸汽船会社を吸収合併し、郵便汽船三菱会社と改称すると、弥之助は副社長に就任、兄・弥太郎を支えた。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合