NEW

内村航平、モラハラ離婚報道、国民栄誉賞表彰の検討に影響か…家庭問題で済まず

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
内村航平、モラハラ離婚報道、国民栄誉賞表彰の検討に影響か…家庭問題で済まずの画像1
内村航平のオフィシャルサイトより

「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃える」

 国民栄誉賞表彰規程には、同賞の表彰目的についてそう記されている。だが必ずしも「広く国民に敬愛される」ことと「顕著な業績」が一致するとは限らない――。「週刊文春」(文藝春秋)が20日に報じた記事『内村航平「モラハラ離婚トラブル」 妻は33キロに激ヤセ、手料理を前に「ウーバー頼んだ」』が、与野党関係者の中で静かに波紋を広げている。引退に契機に、体操男子の内村航平氏(ジョイカル)へ国民栄誉賞を贈るべきだとする声も出ていたが、政界関係者は文春報道による世論の推移を見守っている。

JOC山下会長は内村氏の国民栄誉賞に太鼓判を押したが

「文春」の同記事では、内村氏が妻の千穂さんや娘2人に対して“モラハラ”と捉えられかねない言動を家庭内でしていたことが報じられた。内村氏は2008年北京五輪から4大会連続出場、個人総合2連覇を成し遂げた世界的なスポーツ選手だ。とはいえ、アスリート個人の家庭内の問題を報じることが適切かどうか、インターネット上で議論になっている。

 だが、この報道が単なる「アスリート個人の家庭問題」では済まされない“周囲の事情”もあるようだ。自民党衆議院議員秘書は次のように声をひそめる。

「内村氏の引退を契機に、安倍晋三元首相や森喜朗元首相と近い人たちや団体を中心に『内村氏に国民栄誉賞を』という動きがあったようです。

 口火を切る形になった山下会長の公式見解は、総理(岸田文雄氏)が内田さんの国民栄誉賞を表彰するかどうかを判断する、かなり大きな判断材料になり得るものだったと思います。栄誉賞は総理の判断で決まるものですが、スポーツ選手に関してはJOC会長の発言力は比類のないくらい大きい。

 問題は今回の『文春』報道で世論が内村氏に対し、どのようなイメージを持つのかという点です。党内には『世論の逆風の中、内村氏に国民栄誉賞を贈呈すれば、思わぬ逆風を呼びかねない。仮に表彰するとなれば、大丈夫なのか』との声も聞かれ始めています。少なくとも野党の攻撃材料になるような表彰は控えたほうがよいのではないかとも思います」

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(1984年に柔道選手として国民栄誉賞受賞)は11日、報道陣の前で内村氏の国民栄誉賞待望論に対し、次のように語っていた。

「(内村氏は国民栄誉賞に)十分値すると思います、私なんかよりもずっと。彼の頑張りというのは、国民に与える影響は大きかったと思います」

RANKING

5:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合