NEW
草野かおる「災害に備える!」

災害時、公衆電話が無料で使える?コンビニでトイレや水道水が使える?重要知識集

文=草野かおる/イラストレーター・防災士
【この記事のキーワード】, ,
防災散歩の重要性
筆者作成

「防災散歩」という言葉、聞いたことがありますか? 災害に備え、避難ルートを確認したり、どの道が安全か、危険な場所はどこか、点検しながら歩く散歩です。

「災害別避難所」の確認

 ハザードマップを確認して、「避難所」を確認しましょう。災害の種類によって対応する避難所は異なります。

「ここの避難所は地震はOKだけど、台風や水害は河川の浸水の恐れがある場所なので使えない」

「津波であれば、なによりも高台の避難所へ」

というようにです。現在は、新型コロナウイルス感染症対策のため、避難所には定員が設けられています。それでも命に関わる事態では、三密になっても受け入れてくれます。いざという時は「避難所に行く」という選択肢も考えておきましょう。

「防災設備のある公園や広場」を確認

 公園や広場は、火災時に延焼防止の機能もあり、一時避難場所にもなります。避難場所に指定された公園には、だいたい「防災設備」が備えられている場合が多いです。いつもは目に入らない設備も、この機会に確認しましょう。

災害時、公衆電話が無料で使える?コンビニでトイレや水道水が使える?重要知識集の画像2

「防災設備」には、「かまどベンチ」「トイレになるベンチ」「マンホールトイレが設置される場所」「給水施設」「防災倉庫」などがあります。非常時には、自治体の担当が組み立てて運用することになっています。

災害時、公衆電話が無料で使える?コンビニでトイレや水道水が使える?重要知識集の画像3

 公園や校庭の隅にある「防災倉庫」には、発電機やブルーシートなど、防災に関わる機材が入っています。なお、防災倉庫は自治会などの地域のコミュニティーが管理しているので、非常時に誰でも勝手に開けて使えるわけではありません。

「危険な遊び場」を確認

 遊歩道や水遊びのできる親水公園などが併設されている河があります。子どもが遊ぶにはうってつけの場所。しかし大雨により、急な増水で危険な場所になります。晴れていても、上流にある山で大雨が降って、鉄砲水が発生し、遊んでいた子どもが流されるという事故もあります。

 同じく「用水路」「側溝」も増水時は危険。冠水すると見えなくなり、足を取られて亡くなった人も多く、子供たちにも危険な場所と知らせておきましょう。

「街の危険」

 アンダーパスは道路に交差する部分で、周囲の地面より掘り下げられている道路の部分をいいます。ゲリラ豪雨などの際に、冠水したアンダーパスで立ち往生した車にいたため亡くなった人が多くいます。

 ブロック塀は倒壊の危険、木造密集地域は延焼の危険、オフィス街や駅前では窓ガラスや看板の落下の危険があります。大切なことは「ここで、大地震が起きたら?」と想像することです。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合