NEW
千葉哲幸「フードサービス最前線」

駅遠でも客殺到…「ブルワリーパブ」ブームの元祖ライナに聞く、経営成功の秘密

文=千葉哲幸/フードサービスジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
駅遠でも客殺到…「ブルワリーパブ」ブームの元祖ライナに聞く、経営成功の秘密の画像1
「VECTOR BEER 錦糸町店」の店内。店舗の周辺は閑散としているが、店内は20代30代の男女でにぎわっている

 今「ブルワリーパブ」が続々とオープンしている。ブルワリーパブとは、ブルワリー(ビール醸造施設)を持ったパブ(酒場)のことだ。このように小さな醸造所がつくる多様で個性的なビールのことをクラフトビールという。

 この「ブルワリーパブ現象」は、事業再構築補助金の制度が大きく後押ししている。当人もクラフトビール愛好者である飲食事業者が、自分でオリジナルのビールをつくりたいと思っていても、この設備投資にお金がかかることでこれまで二の足を踏んでいた。それが新制度を活用することで実現できるということだ。

 クラフトビールは嗜好品であるから、その愛好者がその店にやってくる。そこでクラフトビールの店は一等立地に構える必要がない。ブルワリーパブ現象とは「大きな設備投資が補助金で可能」「一等立地にある必要がない」という構図となっている。

外販を増やして生産体制を強化

 今日のブルワリーパブ現象の元祖はライナ株式会社(本社/東京都台東区、代表/小川雅弘)である。同社代表の小川氏は1981年5月生まれ。大阪で飲食業を展開していたが、東京でビジネスを行おうと東京に移住し飲食店の展開を始めた。これが2007年のこと。

駅遠でも客殺到…「ブルワリーパブ」ブームの元祖ライナに聞く、経営成功の秘密の画像2
2016年12月にオープンしたクラフトビールレストランの「VECTOR BEER 錦糸町店」。JR錦糸町駅南口より徒歩5分ほどにある

 クラフトビールの存在を知り、この類の飲食店に通うようになり、好きが高じて自身でもクラフトビールレストラン(クラフトビールを仕入れて、それを提供するレストランのこと)を立ち上げた。これが13年に東京・新宿御苑駅近くにオープンした「VECTOR BEER」。さらにこの店の近くに店舗を構えてIPA(ビールのスタイル=種類の一つ)専門のクラフトビールレストランにして、「自分たちでビールをつくってみよう」とその一角にブルワリーを開設した。

 このブルワリーは1年足らずで生産量が足らなくなった。そこで17年12月、現在の拠点となる浅草橋にブルワリーと本社機能を設けた。生産量は年間10万ℓとなったが、当時同社のクラフトビールレストランは8店舗あって、これらで使い切っていた。現在同社の飲食店は16店舗あり、うちクラフトビールを提供する店は6店舗となっている。

駅遠でも客殺到…「ブルワリーパブ」ブームの元祖ライナに聞く、経営成功の秘密の画像3
2019年3月にオープンした「VECTOR BEER 錦糸町PARCO店」。「VECTOR BEER 錦糸町店」が地元の人々に愛されていることから出店のオファーがあった

 現在同社で生産しているクラフトビールは、同社の店舗だけではなく他の事業者にも卸している。このうち飲食店は約30店舗、そのほか酒販店やコンビニチェーン、また量販店のリカーショップなど約30店舗の小売店に卸している。

 同社で生産するクラフトビールの自社消費と他社へ卸している量の比率は、コロナ流行前は7対3、コロナになってからは3対7となっている。この背景には、コロナ禍によって自社の飲食店の稼働日数が減ったことと、「これから新規に工場をつくって、生産体制を強化するために外販を強くしていこうと考えたから」(小川氏)とのことだ。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合