NEW

加害者と離れた後から始まる「DV後遺症」の壮絶な苦しみ…PTSD、うつ病

文=林美保子/ノンフィクションライター
【この記事のキーワード】, ,
加害者と離れた後から始まる「DV後遺症」の壮絶な苦しみ…PTSD、うつ病の画像1
「gettyimages」より

 DVは被害者が加害者のもとから離れることができれば、緊張と恐怖を強いられた生活から解放されて一件落着――。第三者的立場から見て、そのように思っている人は多いのではないだろうか。

 面前DV被害者(夫婦間暴力を目撃しながら育った子どものこと)である筆者が、離婚した母と2人暮らしを始めたときも、「これからは、母娘で心穏やかな生活ができる」と信じて疑わなかった。しかし、現実は全然違った。そのときのいきさつや、他のDV被害者、面前DV被害者にも取材した“DVその後”の体験談を、『DV後遺症に苦しむ母と子どもたち』(さくら舎)にまとめた。

トラウマの影響で、心身の不調が続く

加害者と離れた後から始まる「DV後遺症」の壮絶な苦しみ…PTSD、うつ病の画像2
『DV後遺症に苦しむ母と子どもたち』(さくら舎)

 子ども時代、私の目に映っていた母は、夫のDVにひたすら耐えながら健気に生きるシンデレラそのものだった。ところが、離婚後の母はまるで別人のように、陰気で被害妄想が強い人に変わっていった。20年間、夫の暴力に耐え、ひたすら自分を押し殺してきた生活による歪みは、以後じわじわと滲み出るように現れていく。

 離婚して何年も経っているのに、母は元夫に追いかけられる悪夢に苦しんだ。頭痛、耳鳴り、手の痺れなどの体の不調に悩まされた。また、体に異常がないにもかかわらず、「お腹が痛い」と訴えて、救急車を呼びたがった。当時の私には理解できなかったが、これは身体化障害といって、トラウマ(心的外傷)が関わっている疾患のひとつのようだ。その後は、うつ病、人格障害の診断も受けた。

 一般的には、どんなにつらい経験でも、時の流れが味方になることが多い。私は当初、母の心が一向に癒されないことを不思議に思っていた。しかし、長い月日を経て、やっと気づいた。これは、DVの後遺症に違いないと。他のDV被害者にも話を聞くと、トラウマによってフラッシュバック、男性恐怖症、記憶障害、自尊心の低下などさまざまな症状に苦しみ、生きづらさを抱えていた。また、PTSD(心的外傷後ストレス障害)によって体のバランスが崩れると、免疫疾患や婦人科系疾患など体の健康にも大きな影響を及ぼすともいわれている。

 さらには、着の身着のまま家を出たり、夫との連絡を絶つ手段として勤務していた職場を辞めたり、心身の不調によって仕事を続けられなくなったりする人もいる。そのため、一時的に生活保護を受けるなど物理的にも厳しい環境に身を置かざるを得ないケースも少なくない。

 面前DV被害のケースでは、コミュニケーションに問題を抱えたり、不登校になったりする子どもが多かった。DVを目撃して育った子どもの脳は、正常な人に比べ、平均すると約6%萎縮するという研究結果も出ている。

RANKING

5:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合