NEW

自衛隊生徒、なぜ陸は存続し海・空は廃止?“最強の自衛官”排出した特異な制度

文=秋山謙一郎/経済ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
自衛隊生徒、なぜ陸は存続し海・空は廃止?最強の自衛官排出した特異な制度の画像1
卒業生を見送る学校長ら。沖合に停泊の護衛艦は当初、「海上自衛隊生徒出身の艦長」を予定されていたが、東日本大震災でその予定は潰えた。

 結束を求められる巨大組織にあって、ときに派閥は有益に作用する。だが用済みとなった際には淘汰されてしまう――。

 例年、3月末になると必ず話題となるのが、防衛大学校の卒業式だ。とりわけ卒業生中、何人が自衛官への任官を辞退した(拒んだ)かが話題となる。

 2022年の防大卒業生は479人、うち任官辞退者は72人に上った。これは過去最多の任官辞退者を出した1990年の94人に次ぐ、はからずも防大史上2番目の数である。バブル期終焉の1990年と、コロナ禍の混乱で先行きが見えない今、両者の間にこれといった共通項は見られない。あるのは、ただ任官辞退者の数が多いという事実だけだ。

「俺に言わせれば、防大は自衛隊の坊ちゃん学校ですよ。任官拒否して娑婆(一般社会)に出ても、大卒のサラリーマンとして、(自衛隊に)残っている連中と結局なんだかんだといってつるむ。なんだかんだ言っても自衛隊は任官拒否者を含めて防大優位の社会ですから」

 こう話すのは、現役の海上自衛官、X曹長(仮名)だ。X曹長は中学校卒業後、広島県江田島市にある海上自衛隊第1術科学校生徒部に海上自衛隊生徒(2011年に廃止)として入校後、4年間の養成課程を経て3曹任官。以来、今日まで艦艇を中心に海自の各部隊を渡り歩いてきた。生粋の艦乗りである。

 高卒入隊者が部隊2年目、旧軍でいうところの1等水兵や2等水兵の階級にあるなか、X曹長は19歳の若さで下士官として、いきなり部隊配属されたエリートだ。

 だが、この生徒出身者は、防大や一般大出身の一般幹部候補生出身者(自衛隊のキャリア組)採用者に比べて制度上、階級面では後塵を拝することになる。

 自衛隊という組織全体でみれば「叩き上げ」、下士官・兵(曹士自衛官)という専門職の世界に限ってみれば「エリート」、相反する両面を持つ制度。それがかつて存在した「自衛隊生徒」制度だ。

 陸海空を問わず自衛隊界隈に詳しい者の間では、「生徒出身」といえば「15歳から階級を持つ最強の自衛官」「頭脳明晰」「技術部門のエキスパート」として、今なお音に聞こえた制度である。なかには、「自衛隊各部隊を実質的に支える裏の指揮官」イコール「生徒出身」と言う者も隊内ではいるくらいだ。

 事実、今も海空の各部隊の下士官トップには、生徒出身者が数多くいる。たとえば、現在の海自下士官トップである海上幕僚監部先任伍長の東和仁曹長、潜水艦隊先任伍長の松井克之曹長らがそうだ。彼らは「生徒出身=エリート下士官」として組織内で認知されている。

RANKING

5:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合