NEW

ジャガー横田一家、長男の受験経て固まった絆…10校目で合格、憶測や誹謗中傷も

文=道明寺美清/ライター
【この記事のキーワード】, ,
ジャガー横田一家、長男の受験経て固まった絆
木下一家(左からジャガー横田氏、木下博勝氏、大維志くん)

 医師の木下博勝氏とプロレスラー・ジャガー横田夫妻の長男でJJこと大維志くんが4月、地方の私立高校に入学した。合格を勝ち取った私立高校の入試は、なんと10回目の挑戦であり、それ以前に受験した9校については残念ながら不合格だった。合格までの過程を随時SNSで公表し、それを受けてネットニュースでも取り上げられるなど、連日、話題となっていた。その一方、ネット上には誹謗中傷とも取れるコメントもあり、JJ自身も見守る木下夫妻も心中は複雑なものだったに違いない。

 高校では親元を離れ寮生活を送るJJだが、ゴールデンウィークには自宅に戻り、久々の親子水入らずの日々を過ごした。高校受験を家族で乗り越え、新たなスタートを切った木下ファミリーに、現在の気持ちを聞いた。

 木下ファミリーがJJの受験の経過をSNSにアップすることに対して、“受験エンタメ”と揶揄するメディアもあった。また、ユーチューバーのなかにも、JJの受験について取り上げ「母親が『これ以上のレベルの高校でないと医者になれない』といって受験する高校を制限しているのでは」といった憶測を述べる者もいた。周囲の過剰すぎる反応を、どう感じていたのだろう。

木下氏「マスコミに騒がれることで、息子の気持ちが折れないか心配ではありました。しかし、息子自身がマスコミの報道に対して火に油を注ぐような発言をしているところもありますので、仕方ない面もあると感じていました」

ジャガー氏「絶対、この子に合う学校があると信じていました。入学試験に落ちるということは縁がないと思っていました」

JJ「毎回そうですが、これまでを振り返ってみると、第一志望に行くことが一見、良いように見えますが、最終的に行き着いた結果が一番、自分にとって良かったということがほとんどでした。だから、高校受験に関してもそうだと考えていました。なので、その結果に大きく落ち込むこともありませんでした」

木下氏「自己採点を塾の先生がしてくださって、実際にできていても不合格という結果があり、息子も『試験はできた。だけどマスコミにいろいろ報道されているから、私立は合格できないと思う』と諦めているときもあり、辛そうなときもありました」

 JJが合格を諦めかけている様子が垣間見え、父として心配した時もあったようだが、当のJJは覚えていないと言う。

JJ「都合が悪いことはすぐに忘れちゃうんですよ」

 父や母を気遣っての言葉なのかもしないが、そう言って笑い合う姿からは、親子の信頼の深さがうかがえる。

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合