NEW

数学Ⅲ、実は医学部で不要?東海大が入試科目から削除、他大学に波及か

取材・文=文月/A4studio
【この記事のキーワード】, ,
数学Ⅲ、実は医学部で不要?東海大が入試科目から削除、他大学に波及かの画像1
東海大学のHPより

 4月下旬、東海大学医学部医学科が2023年2月実施予定の入試(一般選抜)で数学Ⅲを削除することが明らかとなり、話題を呼んだ。ネット上では、「倍率がものすごく上がりそう」「他の試験問題のハードルが高くなりそう」「文系学生でも受験可能ではないのか」とさまざまな反応が上がっている。

 そこで今回は美容外科「アマソラクリニック」の院長であり、医学部受験塾「MEDUCATE」代表の細井龍氏に見解を聞いた。

医師には必要のない科目?

 まず、数学Ⅲとはどのような科目なのか。

「2024年度入試まで適用される旧教育課程について説明します。旧課程において数学Ⅲは、『平面上の曲線と複素数平面』『極限』『微分法』『積分法』から成り立つ科目です。文部科学省の学習指導要領によると、『平面上の曲線と複素数平面,極限,微分法及び積分法についての理解を深め,知識の習得と技能の習熟を図り,事象を数学的に考察し表現する能力を伸ばすとともに,それらを積極的に活用する態度を育てる』ことを目標としています。簡単に申し上げるとすれば、大学数学への橋渡しの科目という表現が適切でしょう」(細井氏)

 なお22年4月からは新教育課程が導入されており、数学Ⅲはそのままに新しく数学Cが追加された。「極限」「微分法」「積分法」は数学Ⅲに残ったが、数学Cに「平面上の曲線と複素数平面」が移行。また数学Bからは「ベクトル」が移行し、「数学的な表現の工夫」という単元が新登場している。ちなみに新課程に移行してからの入試は2025年度から開始となるという。

 では、数学Ⅲが難関だといわれる理由は何か。

「基本的に数学は連続性のある科目なので、数学ⅠA、数学ⅡBを習得していないと理解できません。また微積分が関わる分野なので、計算が煩雑になりやすいという特徴があります。ですから計算量が多かったり、計算式の行数が膨大になってしまったりすることが多く、制限時間内で計算ミスなく解ききるという処理能力の高さが求められますね。

 そして、厄介なのが先ほど挙げた4つの分野が、すべて複合された問題として出題されるということ。たとえば、複素数平面や二次曲線で書かれた図の体積を求めるときに微分、積分を使用したり、その求めた体積をどこに収束するのか解くために極限を使用したりと、すべての分野を理解していないと問題が解けないんです」(同)

 数学Ⅲは大学数学への橋渡しとのことだが、実は医学部の勉強ではあまり使う機会がないという。

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合