NEW
小林敦志「自動車大激変!」

トヨタ「新型クラウン」に感じる、たった一つの気がかりな点…販売現場の大いなる不安

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】, ,
「トヨタ クラウン | トヨタ自動車WEBサイト」より
トヨタ クラウン | トヨタ自動車WEBサイト」より

 2022年7月15日、16代目となるトヨタ新型「クラウン」が正式デビューした。セダンのほかに、腰高なセダンとでもいうべきSUVのほか、リアあたりに流麗なクーペテイストも融合させた「クロスオーバー」、クーペSUVスタイルのように見える「スポーツ」、そしてSUVスタイルの「エステート」の、全4種類のボディタイプが一斉に披露された。

 なお、発売は今後順次行われる予定となっており、第一弾としてクロスオーバーの今秋発売が予定されている。デビュー前はネットニュース上でさまざまな事前情報が飛び交い、“クラウンブランド”の高さを再認識するとともに、ガラリとイメージチェンジを行うとされた次期型クラウンに世の中が注目しているのも強く感じた。ワールドプレミアされた7月15日の記者会見で、トヨタの豊田章男社長はクラウンの進化を“明治維新”に例えていた。

 次期型クラウンのスクープ情報がネット上で取り上げられるようになった当初は、単一車種として「クロスオーバーSUVになる」などの情報もあったが、計4種類のボディタイプが用意されたことには驚いた人も多いだろう。

 筆者が見たところでは、メルセデスベンツの「オールテレイン」やスバル「レガシィ アウトバック」のような、腰高なSUVテイストを持ったオーソドックススタイルのステーションワゴンがあれば世界的にも大ヒットしそうだと考えるのだが、それでは“明治維新級”のフルモデルチェンジにはふさわしくないと、トヨタは感じたのかもしれない。

 正式発表前には車体の一部だけを見せたティザー(事前予告)キャンペーンも積極的に展開しており、そこでは「終わりか はじまりか」といった、“攻撃的”もしくは16代目を世に送り出すにあたっての“覚悟”のようなキャッチコピーも飛び交っていた。

庶民が夢見た「いつかはクラウン」

 初代クラウンは1955年にデビューしており、今年で67年目を迎えている。長きにわたり“日本の高級セダン”として君臨してきただけでなく、2017年にトヨタ「JPN(ジャパン)タクシー」が登場するまでは、途中から「マークⅡセダン」(X80系)ベースとなる「クラウンコンフォート」や「クラウンセダン」にバトンタッチしたものの、歴代モデルを通じてセダンをベースとした、主にタクシー向けとなる営業車を並行してラインナップしていた時期が長い。

“日本のタクシー=クラウン=高級車”ということで、まだまだ“マイカー”を持つことが庶民レベルでは夢の時代でも、タクシーではあるが、当時の社長や政治家など“偉い人のための高級車”であったクラウンに乗れることで、その後の“いつかはクラウン”という気持ちを多くの人が持ち、日本の高級セダンとして抜群の知名度を得たものと考える。それが、長い間ラインナップを続けてこられた要因であることは否定できないだろう。

 2003年にデビューした12代目(いわゆるゼロクラウン)あたりから法人タクシー車両とは距離を置くようになったものの、ハイヤーや個人タクシーとしてのニーズは継続して多かった。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合