NEW

無印良品、口コミで低評価な5品…便利そうなスキージーや米保存容器、なぜ不評?

文・取材=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
無印良品、口コミで低評価な5品
無印良品の店舗

「感じ良い暮らしと社会」をテーマに掲げる「無印良品」は、1980年に誕生して以来、家具、衣料品、雑貨、食品などの総合小売のブランドとして、消費者の生活に寄り添い続けてきた。

 その甲斐あってか、2021年8月末時点で、国内だけで456店舗を展開し、世界32の国と地域で合計1002店舗と規模を拡大させている。さらに衣料品、生活雑貨、食品を合わせた約7500品目のアイテムを取り扱うまでに成長を続けているのだ。

 そんな無印良品は、その名の通り“良品”揃いだが、購入者の口コミで低評価がつけられている商品も少なからずある。そこで今回は、“要注意な無印良品アイテム”を5つ選出したので、買い物時の参考にしていただきたい。

パイルヘアターバン/細/ 399円(税込、以下同)

無印良品、口コミで低評価な5品…便利そうなスキージーや米保存容器、なぜ不評?の画像2

 最初に紹介するのは「パイルヘアターバン/細」。綿87%、ポリエステル12%、ポリウレタン1%で肌触りの良い素材バランスとなっており、洗顔後に髪をまとめるときに役立ちそうな商品だが、ネットの口コミでは低評価が目立っているのである。

 商品レビューで多く指摘されていたのは、使用していくうちにだんだんとほつれてしまい、パイルのくずがポロポロと出てきてしまう点。また、何度か洗濯するにつれ、徐々に肌触りが悪くなってしまうという点だ。

 そのほかにも気になるポイントはある。それは、ターバンの内側に4枚の長いタグが付いていることだ。日本語、英語、中国語、韓国語に対応したタグなのだが、肌に当たる部分についてしまっているので、使っていてかなり邪魔くさく感じるのだ。このタグを切って使用するとの声もあるが、切った部分からほつれてしまうケースもあるようなので、もし購入する場合は、こういった要素を考慮しておいたほうがいいだろう。

冷蔵庫用米保存容器/990円

無印良品、口コミで低評価な5品…便利そうなスキージーや米保存容器、なぜ不評?の画像3

 お米の保存方法として冷蔵庫に入れているという人も少なくないだろう。だが、そうした人を悩ますのが、スペースの問題。冷蔵庫は食品や飲み物であふれているので、広く場所を取ってしまいがちなお米の保存は、なかなか厄介に感じるかもしれない。

 そんな場面で活躍するという触れ込みなのが、「冷蔵庫用米保存容器」だ。縦置きも横置きもできる仕様のうえ、冷蔵庫のドアポケットにも入るスリムさなので、冷蔵庫にスッキリとお米を収納できるというわけだ。だが、いくつか問題点もある。

 それは、上部の白いパーツが取れないために洗いにくく、洗ったとしても非常に乾きにくいという問題を抱えている点だ。さらに、フタ替わりにもなっている計量カップが取れやすく、しっかりと閉まったのか、どうにも不安感を覚える作りなのも気になるポイント。無印良品らしいスッキリとしたデザインであることは評価できるのだが、機能面での評価がやや低くなってしまった印象だ。

RANKING

11:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合