NEW

生稲晃子氏、旧統一教会問題で集中砲火 ひろゆき氏、蓮舫氏らが続々と糾弾

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】,
生稲晃子、袋叩き状態に…の画像1
「参議院議員 いくいな晃子(生稲晃子)公式サイト」より

 先の参院選で初当選した元おニャン子クラブで自民党の生稲晃子参院議員の事務所が17日、公示前の6月に萩生田光一政調会長と共に旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の関連施設を訪問していたと報じられた件について「事実」と認めた。多くの識者や著名人から猛批判が寄せられ、元アイドルから政治家への華麗なる転身から一転、大ピンチに陥っている。

 事務所側は関連施設を訪問した理由について「新人の立場なので、多くの方に政策を聞いていただきたいという思いでスタッフが判断した」などとコメント。旧統一教会の施設だと知って訪問したかどうかには触れていないが、その一方で「生稲本人は今までご指摘団体および関連団体との関わりは一切なく、この件以外にご指摘団体および関連施設へ訪問したこともない」と強調した。

 これを受けて、2ちゃんねる開設者の「ひろゆき」こと西村博之氏は17日付のTwitterで「自民党の萩生田政調会長が生稲晃子参院議員を主体的に統一教会施設に連れて行ってる件」と指摘。

 続けて「応援したボランティアの中に統一教会信者が居たというレベルではなく、統一教会への国会議員勧誘を自民党の政調会長がやってたというヤバさ」と異様さを表現し、萩生田氏による“勧誘”だったのではと勘ぐった。

 これに立憲民主党の蓮舫参院議員が同調し、自身のTwitterでひろゆきの投稿を引用しながら「正論です。『たまたま』『知らずに』祝電やメッセージを送ったとか、選挙ボランティアだったなどというレベルではなく、連れて行ったわけですから」とコメントした。

 さらに、蓮舫氏は「新人だから、の言い訳は厳しい。票がもらえるならどこでも、とのことでしょうか、連れて行かれた萩生田自民党政調会長。ご説明を」と、事務所コメントにあった「新人の立場なので」という釈明を糾弾している。

 また、内科医のおおたわ史絵氏は17日に出演した『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、生稲氏が事務所を通してコメントを出したことに着目。「もう議員ですからね、今までの元アイドルではないので。事務所が尻ぬぐいをするようなことを言ってちゃダメですよ」と、あからさまに事務所がフォローしていることに苦言を呈した。

 続けて、おおたわ氏は「自分の言葉で、なぜそこの会場に行ったのか、萩生田さんとの関係はどうだったのか。(どう説明するか)すりあわせている時間があったら、1秒でも早く自分の言葉でお話されたほうがご本人の議員生命には得だと思います」と皮肉交じりに語った。

 今回の問題をめぐっては、生稲氏、萩生田氏の双方に説明責任を求める意見が多く集まっているほか、生稲氏には政治家としての資質を問う声すらあがっている。

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合