NEW

世界を股にかけ「訳アリ商品」で数100億円を荒稼ぎ。イギリスに「国家的な損失」を与えた買い物上手な日本人たちとは

amerikakeiba0314xs.jpg「Sayethさん」より

『牛肉霜降り500gが、なんと2000円(税別)!』

暇なときにネットサーフィンしていると、そんな魅力的な広告ばかりに目が行ってしまう今日この頃。ついついクリックしてしまう商品は、たいていの場合いわゆる「訳アリ」だったりしますよね。

「見切り品」「B級品」なんて呼び方をされていますが、今や「訳アリ商品」は我々庶民の強い味方として、すっかり定着した感があります。なにせウィキペディアに登録されているくらいですから。

しかし、この訳アリ商品。実際に購入する際、どうしても頭によぎるのが「世の中そんなに甘くないんじゃないか」ということ。訳アリだから安いのは理解できるけど、”訳アリ以上の訳アリ”、そんな粗悪品を掴まされたらという不安はなかなか拭えません。

特に『外国の商品』となると参考になる知識も少ないため、もはや「ギャンブル」といっても過言ではなく、いくら安くとも購入には多少の勇気が必要な場合もあります。

ただ、”本当に買い物上手”な方々は事前にしっかりと情報を入手して、外国から自信を持って「訳アリ商品」を購入しています。今回は、そんな買い物上手な日本の競馬関係者が、外国から”訳アリ”の馬を購入したお話をしようと思います。

購入金額は「8億円」と「16億円」です。

日本だけでなく、アメリカや欧州など世界中に根付いている競馬。その歴史は16世紀から続いているといわれています。そんな中、1991年にJRA(日本中央競馬会)がイギリスから購入したのが、欧州で「20世紀最強の名馬」といわれているダンシングブレーヴです。

世界を股にかけ「訳アリ商品」で数100億円を荒稼ぎ。イギリスに「国家的な損失」を与えた買い物上手な日本人たちとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと