NEW

武豊、アメリカ決戦を前に「絶妙ジョーク」披露で期待高まる!? 自然体で挑む姿にファンも太鼓判

【この記事のキーワード】, ,
takeyutaka0123xs.jpg

 日本時間の8日早朝、21年ぶりに日本馬が参戦することで大きな注目を集める米ケンタッキーダービー(G1)。ラニはUAEダービーを勝利しており、強敵ぞろいとはなるが期待は高まるばかりだ。

 そんなラニに騎乗する武豊騎手は現在絶好調。1日の天皇賞・春ではキタサンブラックで10年ぶりに勝利をつかみ、5日には地方交流のかしわ記念をコパノリッキーで制した。目下「G12連勝中」という状況である。

 そんな武騎手、決戦を控えてラジオ日経の取材に答えていたのだが、ここでも名手独特の余裕を「コメント」で表現し、ファンの間で話題となっている。

 武騎手は決戦の場であるチャーチルダウンズ競馬場について、8番枠についてなど丁寧に回答した模様。最後には「ケンタッキーダービーは出られるだけでも光栄なレースです」とレースへの敬意を表した。そして最後には……。

「私自身、”かしわ”で勝って、”ケンタッキー”も頑張りたいですね」

 主に関西圏が中心のようだが、「鶏肉」を「かしわ」と表現することがある。つまり、「かしわ=鶏肉」を「ケンタッキー(フライドチキン)」とかけたということだ。かしわ記念をバッチリ勝利したからこそ言えるコメントである。

 意味がわかったファンは「こういうジョークがまさに武豊」「ホントこういうコメントサラッと言えるよね」「この余裕、俄然期待できる」と好意的な声が多数だ。

「もともとタレント顔負けのコメントでバラエティでも華やかな雰囲気を出せる武騎手ですし、このくらいは朝飯前でしょう。昨年香港Cをエイシンヒカリで制した際も、亡くなったオーナーについて触れ『先代の平井豊光オーナーは香港競馬に力を入れていた方で、僕が”豊”で馬名が”光”。喜んでくれると思った』と絶妙なコメントを称賛されました。マスコミにとってこんな記事にしやすいサービスをくれるアスリートはなかなかいませんね。芸人顔負けですよ」(競馬記者)

 多くの芸能人とも親交のある武騎手だけに、騎乗だけではなくトークも一流に鍛え上げられているということか。

 実に自然体な武騎手。これならケンタッキーダービーで世界を驚かすこともできるかも!?
(文=ねある子)

武豊、アメリカ決戦を前に「絶妙ジョーク」披露で期待高まる!? 自然体で挑む姿にファンも太鼓判のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?