NEW

まさに栄枯盛衰。あるいは勝ち組と負け組か。パチンコ馬主の末路がなかなか過酷......?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banushis.jpg

 近年競馬界を席捲してきた「パチンコ馬主」の勢いに限りが見られてきた。フィールズの山本氏やダイワの大城氏など、パチンコビジネスで財をなし、馬主資格を取得して国内外で派手な買い物をしてきた一部の馬主が苦境にあえいでいるという。

 競馬の馬券売上はここ数年好調だが、パチンコ産業にかつての勢いはなく、パチンコホールも年々減少していく有様。この状況にパチンコビジネスも大打撃を受けているのだ。

 天皇賞馬スピルバーグや6億円牝馬の購入で話題となった山本英俊氏は、パチンコ遊技機メーカー・フィールズの代表取締役。かつて潤沢な資金で競馬界、スポーツ界、格闘技界、芸能界を席捲したが、今やその勢いは天の彼方に飛んでいってしまったようだ。ハワイの別荘に格闘家や芸能人を集めてパーティーを繰り広げていた勢いは感じられず、所有馬の数も質も減少の一途をたどっている。

 山本氏は一口馬主クラブである東京サラブレッドクラブの実質オーナーでもあり、特に社台ファームと深い関係にある。これまで活躍した山本氏所有のスピルバーグ、東京サラブレッドクラブのレッドディザイアといったG1ホースは社台ファームの生産馬だ。

 その山本氏が代表を務めるフィールズが先月決算を発表。28年3月期は売上高944億円(前の期比5.1%減)、営業利益14億円(同70.4%減)、経常利益13億円(同74.9%減)、最終利益1億円(同96.1%減)と散々な内容だった。この衝撃は業界を駆け巡り、特に深い関係にある美浦の調教師は「預託料の支払いは大丈夫か?」と焦りを感じたという。

 しかしこの傾向は以前から見られていたようで、実際に山本氏の保有頭数は減少し続けており、馬主リーディング17位だった2010年頃は50頭を所有していたが今や20頭ほど。現3歳馬にいたってはわずか5頭と寂しい限りだ。勝利数も2014年20勝→2015年5勝→2016年3勝と急降下。本人も「高い馬がまったく走らない」競馬にはうんざりしているようで、馬主業は継続していくようだが、以前のような派手な金遣いはもう見られないだろう。

 またダイワでお馴染みの大城敬三氏もパチンコ系の馬主。千葉の習志野市を中心にニュー後楽園などを展開する大和商事(OKグループ)の代表取締役会長の大城氏は、今やかなりの高齢だが、特に社台ファームの吉田照哉氏とはパーティーの場で出席者を前にキスをするほどの仲。しかしながらダイワスカーレットとダイワメジャーが国内のG1レースを勝ちまくっていたときが人生のピークだろう。本業のパチンコホールや副業の飲食事業も伸び悩んでいるという。

 実際にかつての勢いはおさまり、2007年は年間32勝、G1レースを5勝と大活躍だったが、今年はまだ3勝と絶不調。2007年は86頭を所有していたが、今年は26頭と大幅減。本人が所有していたダイワスカーレットの産駒も売りに出したとの話もあり、預託料の捻出に精一杯という状況なのだろうか。本人のご子息は競馬に興味がないようなので、今後ダイワの馬は減少していくことだろう。

まさに栄枯盛衰。あるいは勝ち組と負け組か。パチンコ馬主の末路がなかなか過酷......?のページです。GJは、競馬、パチンコ里見治馬主の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!