NEW

不満爆発「コリジョンルールいらん!」”新ルール研究会”と化したプロ野球にファン辟易。制度導入の賭け失敗か

【この記事のキーワード】

, ,

yakyuu0304.jpg

 今年から導入されたプロ野球の新ルール『コリジョンルール』を巡って恐れていたことが、いや、予め十分に危惧されていたことが、いよいよ現実になってきた。

 先日14日の広島-西武戦(マツダスタジアム)、一度はアウトと判定されたプレーがコリジョンルールによって判定が覆り、ホームの広島がサヨナラ勝ちを決めるという史上初めての珍事が起こった。

 その翌日、今度はヤクルト-ソフトバンク戦(神宮球場)で、ヤクルトの真中監督がコリジョンルールの判定を巡って「おかしい、腹立たしい」と声を荒げた。

 今シーズンのプロ野球はここまで、この新ルールに振り回され続け、それは開幕から2カ月以上が経った現在も続いている。いや、ホームベース上での際どい判定が起こるたびに試合が中断されるシーンが増え、むしろ「ますます混迷を極めている」といった具合だ。

 まず、実際にコリジョンルールに則ってプレーをしている12球団の各選手、監督、スタッフが新ルールを完全には理解できていない。そして、客観的に見ていて、より致命傷だと感じるのが、各審判によってもコリジョンルールの捉え方が異なっているように映る点だ。

 そして、そんな”曖昧なルール”が野球における最も重大な「得点」に直結しているのだから、その事態は極めて深刻で質が悪い。激しくスピーディーなプロ野球の醍醐味が失われつつある中、プロ野球界は早急に手を打つべきだ。

 だが、それ以上に恐ろしいのがコリジョンルールに辟易しているファンの”興醒め”である。

不満爆発「コリジョンルールいらん!」”新ルール研究会”と化したプロ野球にファン辟易。制度導入の賭け失敗かのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!