NEW

J3盛岡の「2400万円私的流用」は氷山の一角に過ぎないのか「汚職」「贈賄」「不正誘致」数々の疑惑と不透明な金の流れ……世界中のサッカー界を包む「闇」はあまりにも深い

【この記事のキーワード】

, ,

soccer.jpg

 J3に所属するグルージャ盛岡は2日、クラブを運営する『株式会社いわてアスリートクラブ』の平川智也・前代表取締役副社長が、会社資金を私的流用していたと公式サイトで発表した。なお、平川氏は先月辞任している。

 グルージャ盛岡によると、平川氏は今年春から夏に掛けての5カ月間で、会社資金約2400万円を私的流用していたようだ。クラブ業績が悪化する中、一向に資金繰りが改善しなかったために財務内容を精査したところ、今回の私的流用が発覚したという。

『株式会社いわてアスリートクラブ』が運営するグルージャ盛岡は現在、J3でも13位と苦戦している。本件は、そんな苦境に立たされているクラブの資金を私的に使い込むという、あまりに心無い事案だ。

 しかし、それでも大きな騒ぎになっていないのは、本件があまり有名でないJ3クラブの事案であることと共に、昨今のサッカー界が「不正な金の動き」に溢れているからに他ならない。

 今回と同じJリーグ、つまりは日本サッカー協会傘下では、2013年にJ1のFC東京を運営する『東京フットボールクラブ株式会社』の経理担当部長による経費の不正流用が発覚。私的な遊興費を交際費として請求するなど、総額約2300万円を不正に流用していた。

 だが、FC東京は謝罪会見を開いただけで「本人が全額弁済し、社会的制裁も受けているため」という理由で刑事告訴すらしていない。日本サッカー協会からも厳重注意だけと、極めて軽い処分に終わっている。

 従って、今回のグルージャ盛岡の件に関しても、これと似たような処置が取られることが予想される。

J3盛岡の「2400万円私的流用」は氷山の一角に過ぎないのか「汚職」「贈賄」「不正誘致」数々の疑惑と不透明な金の流れ……世界中のサッカー界を包む「闇」はあまりにも深いのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!