NEW

武豊は買いか消しか、急浮上した前走大敗馬、低人気が予想される穴馬とは? 重賞穴馬データ~天皇賞(秋)・スワンS・アルテミスS~

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
meishousamusson.jpg

 今週は古馬最強馬決定戦と位置づけられる伝統の天皇賞(秋)だ。モーリス、エイシンヒカリ、リアルスティールといった海外G1で勝利実績のある実力馬に対し、ルージュバック、ロゴタイプといった実力馬がどんな競馬を見せるか、まさに注目の一戦といえるだろう。

 さらにマイルチャンピオンシップの最重要ステップレースといえるスワンステークス(G2)、そして今年で5回目となる2歳牝馬限定重賞のアルテミスステークス(G3)が行われる。どちらも過去に波乱続出の荒れるレース。今年も過去の傾向から穴馬を見極めたい。

天皇賞(秋)

 154回目を迎える伝統の一戦。過去に優勝した馬は歴史に残る名馬がズラリ。それでも昨年が10万馬券だったように人気薄馬の激走も多い。過去10年で6番人気以下で3着以内に飛び込んだ8頭の共通点は以下の通りだ。

・性別は牡馬のみ。牝馬の激走は5番人気以内のみ

・年齢は4~5歳馬が優勢

・前走人気は7番人気以内

・前走着順は8着以内

・前走レースは重賞のみでG2かG1レースに出走した馬

・前3走以内に3着以内の実績がある馬

・重賞で勝利実績もしくは2着が2度以上ある馬

 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭。

アドマイヤデウス
———————-
各条件に合致する穴馬。昨年の天皇賞(秋)は11着だったが6ヶ月の休み明けだった。休み明けを叩いて2戦目。激走の匂いが漂う。

ステファノス
———————-
ご存じ昨年の2着馬だが今年も激走条件に合致しており注目の穴馬。前走は不利があって力を出し切れていなかった。本領発揮なら昨年に続く激走が期待できる。

 この2頭にモーリス、アンビシャス、ルージュバック、エイシンヒカリなどを加えた馬券がオススメだ。

武豊は買いか消しか、急浮上した前走大敗馬、低人気が予想される穴馬とは? 重賞穴馬データ~天皇賞(秋)・スワンS・アルテミスS~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!