NEW

三代目J Soul Brothersならぬ「三代目ヒシマサル」誕生!競馬のルールさえ超えた父子3代に渡るオーナー執念とは

【この記事のキーワード】, ,
nakayamasutando.jpg

 6日に京都競馬場で行われた新馬戦で、一頭の競走馬がデビューを飾った。

 2015年の1歳馬セレクトセールでトップバッターを務め、阿部雅英氏に6600万円で落札されたヒシマサル(牡2歳、栗東・角田晃一厩舎)である。

 半兄に目黒記念(G2)勝ちに川崎記念(G1)2着があるムスカテール(父マヤノトップガン)がいる良血ということで注目されたが、結果は2着。同じルーラーシップ産駒のダノンディスタンスに後れを取ったものの、デビュー戦としては上々の内容だった。

「ヒシマサル」と聞いてオールドファンは、やはりマル外だった往年のヒシマサルを思い出すのではないだろうか。

 1991年にデビューしたヒシマサルは3歳(旧齢4歳)春にきさらぎ賞(G3)、毎日杯(G3)、京都4歳特別(G3)を3連勝。当時、マル外はクラシックに出られなかったが、同期のダービー馬ミホノブルボンや、菊花賞馬のライスシャワーと比較されるほどの大器だった。

 当時は競馬の最盛期。ゲームセンターのUFOキャッチャーで、ヒシマサルのぬいぐるみをゲットしたファンも多いのではないだろうか。

 そんなヒシマサルがターフを去ってから約20年後、新たなヒシマサルがデビューしたわけだが、実は今回が2代目ではなく「3代目」である。

三代目J Soul Brothersならぬ「三代目ヒシマサル」誕生!競馬のルールさえ超えた父子3代に渡るオーナー執念とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々