NEW

エリザベス女王杯の記憶~武豊栄光の4連覇。トゥザヴィクトリー・ファインモーション・アドマイヤグルーヴ~

【この記事のキーワード】, ,
takeadomaiya.jpg

 今ではルメール、デムーロ、戸崎圭太の影に隠れているものの、全盛期の武豊騎手はまさに有無を言わせずナンバー1ジョッキーだった。年間212勝のJRA記録、年間獲得賞金44億円、年間勝率29.1%、年間連対率43.5%などその記録は圧倒的であり、国内にその牙城を崩すようなジョッキーは見当たらなかった。

 騎乗技術における全盛期は本人の判断でしかわからないが、成績的に武豊騎手の全盛期はいつかと聞かれれば、それは2003~2005年ぐらいといっていいだろう。

 2003年はJRA204勝の年間最多勝記録を更新、2004年は211勝で自らの記録を更新し、さらに2005年は212勝とまたも記録を更新した。この2005年はG1レース6勝を含む重賞23勝で年間最多G1勝利記録と重賞勝利記録を更新し、あのディープインパクトとのコンビで三冠を達成。騎手としては異例である「Number」(文芸春秋社刊)の年間MVPにも選ばれている。

 エリザベス女王杯が創設されたのは1976年。その歴史の中で最多の4勝をあげているのが武豊騎手だ。2001年トゥザヴィクトリー、2002年ファインモーション、2003年アドマイヤグルーヴ、2004年アドマイヤグルーヴによる史上初の4連覇を達成。武豊騎手の全盛期を象徴するこの記録は今後も破られることはないだろう。

 2001年のトゥザヴィクトリーはこれまで逃げ、先行馬だった同馬を一転して後方待機させ、直線で追い込んで差しきるという芸当を見せた。同馬は1年近く勝利がなく、3月のドバイワールドカップ以来という長期休養明けで見せた芸術的な騎乗は「ユタカマジック」と評され、まさに全盛期の武豊騎手に相応しい好騎乗だったといえるだろう。

エリザベス女王杯の記憶~武豊栄光の4連覇。トゥザヴィクトリー・ファインモーション・アドマイヤグルーヴ~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?