NEW

トランプ氏が2001年有馬記念の「伝説のサイン馬券」再来を演出!? エリザベス女王杯の決着を示唆したあまりにも多くの「偶然」に驚愕

【この記事のキーワード】, ,
baken0319.jpg

 競馬には時事とレースの結果がシンクロする「サイン決着」というものが存在するが、その中でも近年で最も有名なサインは、2001年の有馬記念(G1)で起こった「アメリカ馬券」ではないだろうか。

 今から15年前の2001年。この年の9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件は、世界の歴史に大きな爪痕を残した。特にニューヨーク州マンハッタンの世界貿易センタービルに旅客機が衝突した映像は、今なお大きなショックと共に人々の記憶に残っている。

 そんな2001年の年末に行なわれた有馬記念が、なんと1着にマンハッタンカフェ、2着にアメリカンボスという「アメリカ馬券」で決着。当時、まだ三連単や三連複はなかったが、それでも馬連が48,650円を記録する大波乱の結果となった。

 無論、これが単なる偶然であることは明らかだ。しかし、「サイン」で馬券を買う人は実際に数多く存在し、時事とレースの関係性に鋭く目を光らせている人々ならば、この大波乱の有馬記念をサインで的中できていたこともまた事実だ。

 だが、多くの人にとってサインは所詮、偶然の産物に過ぎない。2001年の年末のように一時的には脚光を浴びても、しばらくすれば忘れてしまうのが関の山だ。

 しかし、先週のエリザベス女王杯(G1)では、まさしく絵に描いたような「サイン決着」が起きてしまった。

トランプ氏が2001年有馬記念の「伝説のサイン馬券」再来を演出!? エリザベス女王杯の決着を示唆したあまりにも多くの「偶然」に驚愕のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?