NEW

目指すはダート短距離界の1等星。今年最後のダート重賞カペラS(G3)

【この記事のキーワード】

, ,

keiba0609.jpg

 芝の上からのスタートでスピードに乗りやすいため前半のペースが速くなりやすいことと、ゴール前の急坂により、ダート1200mの短距離戦ではあるがスピードだけでなくスタミナも必要なレースであるカペラS(G3)。

 過去8回行われているこのレースだが、これまで1番人気に支持された馬が勝利したことがない「荒れるレース」となっている。今年もどの、馬が優勝しても不思議ではないメンバーが出走予定だ。

 その中でも、まず注目されるのはコーリンベリー(牝5、美浦・小野厩舎)だろう。連覇を目指した前走のJBCスプリント(G1)では1,2着馬には大きく離されての3着だったが、大外枠で常に外側を回らされた影響があったはず。距離も1400mから1200mに1ハロン短縮されるのは好材料だろう。不安があるとすれば今回が初めての中山コースだということだけだが、これをうまく攻略することができれば持ち前のスピードで押し切ることは十分可能。JRA重賞初制覇の期待がかかるこのレースでは、どのような走りを見せてくれるのか楽しみである。

 タールタン(牡8、栗東・吉村圭司厩舎)は今年4戦しているが4着以下になったことがない安定感が強み。今年で8歳になる高齢馬ではあるが素晴らしい成績を残している。戦ってきた相手も決して弱いわけではなくダノンレジェンド、モーニンなどダート路線での有力馬たちに先着を許しただけとなれば、この馬の能力も相当であると見られる。これまでのレースに比べれば相手関係に恵まれた感のあるここで目指すのは、3着以内の好走ではなく勝利という結果のみだ。

 安定感という意味ではニシケンモノノフ(牡5、栗東・庄野靖志厩舎)も引けを取っていない。こちらは今年5戦して2勝、2着2回、4着1回と掲示板を外していない上に勝ち星も上げている。スタートを決め好位でレースを進めながら直線で前を行く馬をかわすスタイルを確立しており、ダート短距離界を牽引していく存在になりつつある。その地位を確固たるものにするためにも勝利してその強さを誇示したいところ。

目指すはダート短距離界の1等星。今年最後のダート重賞カペラS(G3)のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!