NEW

世界最強・カリフォルニアクロームが米年度代表馬選出。ラストランはド派手で「問題多め」のあのビッグレースか

CARIFORUNIA.jpgMaryland GovPicsより

 世界最強馬がまたひとつ新たな勲章を手に入れた。

 昨年のドバイWCを圧勝するなど「世界最強」と呼ばれて久しいカリフォルニアクロームが、米年度代表馬に選出された。同馬はこれで、ケンタッキーダービー(G1)、プリークネスS(G1)などを制した14年に続き、2度目の受賞となる。今回候補として、BCクラシック(GI)で破ったアロゲート、牝馬GIで4勝をあげたソングバードなどが名を連ねていたが、カリフォルニアクロームが248票中202票を集め、アロゲートの40票を大幅に上回っていた。

カリフォルニアクロームは昨年、ドバイワールドカップなどG1での3勝を含む8戦7勝と、年間を通して圧巻の成績を収めた点が考慮されたよう。同馬はすでに今春の引退、種牡馬入りを表明しており、28日に開催されるペガサスワールドカップがラストランとなる予定だ。

ペガサスWCは賞金総額1200万ドルとこれまでの最高額だったドバイワールドカップ(総額1000万ドル)を上回り、新しく世界最高賞金総額を誇ることになったレース。だが、参加するためには出走馬の関係者側が100万ドル(約1億1000万円)を支払う必要があり、出走する「12枠」の各陣営の出走料がそのまま賞金になるという「独特なシステム」で知られていた。

優勝すれば、約7億7000万円という大金が手に入るものの、このハイリスク・ハイリターンぶりが懸念されたため、一時は出走枠がすべて埋まらないかもしれないという恐れもあった。だが、無事に「12枠」すべてが埋まり開催されようとしている。

世界最強・カリフォルニアクロームが米年度代表馬選出。ラストランはド派手で「問題多め」のあのビッグレースかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技