NEW

福永祐一とカフジテイクのコンビが復活!? 次走予定のドバイで「伝説級」の豪脚は再現されるのか!!

【この記事のキーワード】, ,
0223kafujiteiku_01.jpg※画像:カフジテイク 『競馬つらつら』より

 19日に開催された今年最初のJRA・G1レース、フェブラリーS。M.デムーロ騎乗のゴールドドリームが見事に勝利を飾った。ゴールドドリームの父馬・ゴールドアリュールはレース前日に心臓疾患のため急死しており、父を弔うG1初制覇となった。

 一方、1番人気に押されていたカフジテイク(牡5歳/栗東・湯窪厩舎)は3着に終わる。前走の根岸Sでは、最後方から切れ味鋭い末脚を発揮し勝利。フェブラリーSでも直線に入るや否や、大外から先頭集団に進出したが惜しくも届かなかった。

「位置が後ろすぎたし、外を回りすぎた。ポジションを取れなかったのは僕のミス。完全に僕のミスです」

 レース後に行われた「日刊スポーツ」の取材に対し、騎手を務めた津村明秀騎手は反省しきりのコメントを寄せている。津村騎手は故障した福永祐一騎手の代打で騎乗していた。

 とはいえ、カフジテイク自身の能力は十分に見せた。競馬にたらればはないが、福永騎手騎乗ならば違う結果が訪れたと考えた人も多かったのではないだろうか。

 その福永騎手×カフジテイクのコンビだが、次走に予定されているドバイのゴドルフィンマイル(G2、ダート1600m)で復活するのではないかと見られている。

福永祐一とカフジテイクのコンビが復活!? 次走予定のドバイで「伝説級」の豪脚は再現されるのか!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由