NEW

JRAも頭を抱える!? 「まるでG3」の高松宮記念に悲嘆の声続々。有力馬の相次ぐ故障で……

【この記事のキーワード】, ,
keiba0810.jpg

 これがG1といえるのだろうか。

 3月末に開催される春のスプリント王決定戦・高松宮記念(G1)。ここ数年ではロードカナロアやカレンチャン、キンシャサノキセキが勝利するなど、年によって偏りはあるものの多くのファンが注目するレースである。

 しかし、今年の注目度は、近年でも最低になりそうな雰囲気だ。

 23日、前哨戦であるシルクロードSを連覇したダンスディレクターの骨折が判明し同レースを回避。さらに25日には、昨年覇者のビッグアーサーが脚部不安で回避を発表。海外馬の出走可能性もなく、いきなりの「飛車角落ち」の状況である。

 残るは、昨年のスプリンターズSを制したレッドファルクス、最強4歳世代のスプリント代表シュウジなどが主だったところだが、やはり今一つパンチに欠ける印象は否めない。

 一部では「これではG3だ……」「ロードカナロアの時代が懐かしい」など、ただでさえ主役不在の印象を受けるスプリント路線がさらにやせ細っていると感じた人は多い様子。

「スプリント路線は、それこそロードカナロア以降は明確な主軸がいませんね。ミッキーアイルはいましたが、マイルとの併用でしたし、勝利したG1もマイルのみ。これだけ地味なメンバーになってしまうと、馬券売上にも影響が出かねません。JRAも頭が痛いのでは」(競馬記者)

 頼みの綱は、それこそ「他路線」にしかないという声もある。

JRAも頭を抱える!? 「まるでG3」の高松宮記念に悲嘆の声続々。有力馬の相次ぐ故障で……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  2. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  3. JRA「当分見納め」濃厚R.ムーア帰国の本音と建前、O.マーフィーも例の疑惑で数年無理?見えない大敵がネックとなる再来日
  4. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  5. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  6. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  7. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?
  8. JRA「プチブレイク」イケメンは甘いマスクだけでなく技術も一流! 女性ファンに大人気の三冠ジョッキーが関係者から愛される理由
  9. JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの“忘れ物”の行方
  10. JRAチャンピオンズC(G1)コントレイルの矢作芳人厩舎に「大番狂わせ」の期待、波乱の立役者のキーワードは「○○は○○でも」