NEW

エピカリスはドバイで「もっとも勝てそうな馬」!? 強烈ライバルたちとUAEダービーで激突

【この記事のキーワード】

, ,

エピカリスはドバイで「もっとも勝てそうな馬」!? 強烈ライバルたちとUAEダービーで激突の画像1※画像:エピカリス 『競馬つらつら』より

 25日に開催される世界競馬の祭典「ドバイワールドカップデー」に、今年も多くの日本馬が参戦する。

 中でもメインレースであるドバイワールドカップ(G1)では、アウォーディー、アポロケンタッキー、ゴールドドリーム、ラニらが世界最強との呼び声もあるアロゲート(米)にチャレンジする。大金星を期待したいところだが、実力差は明らかと見るものも多い。

 今年「現実的」に勝利が期待できるのは、同日に開催されるUAEダービー(G2)に出走するエピカリス(牡3歳・美浦/萩原清厩舎)ではないだろうか? ハイレベルと称される3歳ダート戦線の中核を担う1頭が、鞍上にルメール騎手を向かえて世界に挑む。

 エピカリスはここまで4戦4勝。デビュー当初から他の追随を許さない走りを見せ、ダート界の「新怪物」として騒がれている。昨年11月の北海道2歳優駿(G3)では、2.4秒差圧勝という歴史的大差をつけるレースを披露した。また前走のヒヤシンスSでは、UAEダービーにも出場するアディラートに3/4馬身差を付けて快勝。馬体重が+18kg、斤量が他馬よりも1kg重いにもかかわらず、圧巻の走りを見せた。まさに同世代では向かうところ敵なしといったところだ。

 22日の調教で、エピカリスはダートで6F81秒0-37秒2-12秒0を記録。「デイリースポーツ」の取材に対し、萩原調教師は「馬場も軽いので、時計もそれぐらいは出る。当日まで今の状態をキープしていきたいね」と上々の評価。また鞍上のルメール騎手は調教を目にし「体がとてもきれい。自信があります。この馬とケンタッキーダービーに行きたい」とすでに先を見据えるかのようなコメントを残しているという。

 エピカリスは、今年から新設された「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」のポイントレースで優勝を果たし、すでにケンタッキーダービーの優先出走権を得ている。UAEダービーで快勝し、はずみを付けたいところだろう。

エピカリスはドバイで「もっとも勝てそうな馬」!? 強烈ライバルたちとUAEダービーで激突のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!